Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

本ブログではIT技術を分かりやすく簡潔にまとめ伝える事で効率的な学習の支援を目指します。

01_IT技術 (Technology) 01_Linux

Linux – シェルスクリプト入門(Hello World/引数・変数/条件分岐/繰り返し処理)

投稿日:2018年1月8日 更新日:




シェルスクリプトの作成方法について

■目次

 >>(1)シェルスクリプトとは
 >>(2)シェルスクリプトでHello World
 >>(3)シェルスクリプトで変数/引数を使う
 >>(4)シェルスクリプトで条件分岐を記述
 >>(5)シェルスクリプトで繰り返し(ループ)を記述

(1)シェルスクリプトとは

>>目次にもどる

(2)シェルスクリプトでHello World

(2-1)viエディタ等で拡張子が”.sh”のファイルを新規作成する。
# viエディタで新規ファイルの作成
vi HelloWorld.sh 
(2-2)以下の文言を記述し、スクリプトを保存する。

「#!/bin/sh」は定型句(おまじない)です。

●シェルスクリプト記述

#!/bin/sh
echo 'Hello World'

(2-3)実行権限を付与し、実行した結果を確認する。
# 実行権限の付与
chmod +x HelloWorld.sh
# スクリプトの実行
/tmp/HelloWorld.sh
●実行結果
  ▼ クリックで展開


  >>目次にもどる

(3)シェルスクリプトで変数/引数を使う

(3-1)最も基本的な変数の使い方

以下の①に従って変数を定義し、②で変数の値を出力する。
注意すべき点として「=」の前後にスペースを入れない事(入れると以下のNG例のようにエラーとなる)
●シェルスクリプト記述

#!/bin/sh
# ①value1という変数を定義
value1=1500
# ②以下の形式で出力
echo $value1
echo "$value1"
echo "${value1}"

●実行結果
NG例
「value1= 1500」と=の後に半角スペースが入ってしまったためにエラーになる。


OK例

(3-2)最も基本的な引数の使い方

引数については”$n”で記述します。”n”は”n個目の引数”の意味の”n”です。
●シェルスクリプト記述

#!/bin/sh
echo $0  # 0個目の引数を出力(シェルスクリプト名)
echo $1  # 1個目の引数を出力
echo $2  # 2個目の引数を出力
echo "${0} ${1} ${2}"  # 0個目~2個目の引数を連結して出力

●実行結果
 上記スクリプトを引数を指定して実行した結果は以下。


>>目次にもどる

(4)シェルスクリプトで条件分岐を記述

条件分岐(if文)の最も基本的な形は以下で記述します。
・『if [条件] then [結果]』で記述する
・複数条件記述する場合はelse ifに相当する『elif [条件] then [結果]』で記述する
・if条件が複数個になる場合、ANDに相当する『-a』で記述する
・最後に忘れずに『fi』句を書いて条件分岐を閉じる

●シェルスクリプト記述

演算子 意味
-ge
-gt
-lt
-le
#!/bin/sh
if [ $1 -ge 0 -a $1 -lt 30 ]
then echo "${1}点なので、赤点再テストと追加課題です"
elif [ $1 -ge 30 -a $1 -lt 60 ]
then echo "${1}点なので、赤点再テストです"
elif [ $1 -ge 60 -a $1 -lt 90 ]
then echo "${1}点なので、まずまずです"
elif [ $1 -ge 90 -a $1 -le 100 ]
then echo "${1}点なので、優秀です"
fi

●実行結果


>>目次にもどる

(5)シェルスクリプトで繰り返し(ループ)を記述

繰り返し処理(for文)の最も基本的な形は以下で記述します。
◆繰り返し処理は『for [ループ変数] in `seq [Start ~ End]`』で記述します。
 →seqの前後は「“(バッククォート)」で囲む点に注意
◆整数演算は『expr [変数1] + [変数2]』で記述します。
 →exprの前後も「“(バッククォート)」で囲む点に注意
 →演算子の前後は半角スペースを空ける(文字列認識を防ぐため)
◆繰り返しが終了したら、最後に『done』を記述する
●シェルスクリプト(例)

#!/bin/sh
total=0
old=0
for num in `seq 1 10`
do
old=$total
total=`expr $total + $num`  # +の前後に半角スペースが必要のため注意
echo "前回値(${old})+${num}=${total}"
done

●実行結果


>>目次にもどる

Thanks & Regards,

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 01_Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その4)_★IT0016/★IT0017

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。 「(その3)」の続編記事です。 http://rainbow-engine.com/2017/05/05/l …

データモデリングの方法とER図描画ツール紹介

(0)目次&概説 (1) 項目を洗い出す  (1-1) 現行システムが存在する場合  (1-2) 新規システムを開発する場合 (2) エンティティを定義する  (2-1) エンティティの作成  (2- …

OracleDB11g 新規スキーマの作成_★IT0018

0.目次 >>1.表領域の作成 >>2.スキーマの作成 >>3.スキーマの接続権限を付与 1.表領域の作成 表領域とデータベースファイル(dbf)を以下のコマンドで …

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その1)

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。 ■目次 >前提条件 >1.インストール要件の確認 >2.ユーザ/グループ作成 >3.Oracle DBソフト …

日立JP1をLinuxサーバにインストールする手順

JP1評価版(ジョブスケジューラ)インストール簡易手順書です。 (0)目次  >>(1)必要な資産の入手  >>(2)インストールの事前準備  >>(3)インストー …

Top