Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

本ブログではIT技術を分かりやすく簡潔にまとめ伝える事で効率的な学習の支援を目指します。

01_IT技術 (Technology) 03_Java

LinuxサーバにEclipseをインストールする

投稿日:2018年3月31日 更新日:

0.目次

(1) JDKの概要
(1-1) JDKの種類
(1-2) JDKのバージョン(2018年2月時点)
(2) JDKのインストール
(2-1) wget コマンドでJDK の rpm を取得する
(2-2) rpm コマンドでインストールします。
(2-3) javaコマンドでバージョンを確認する。
(3) Eclipse Lunaのインストール
(3-1) サイトからダウンロードする
(3-2) サーバにアップロード後に展開する。
(3-3) GNOME用のランチャーを作成
(3-4) Eclipseを起動する
(4) Hello Worldで疎通確認
(4-1) 新規のJavaプロジェクトを作成する
(4-2) 新規のパッケージ・Javaクラスファイルを作成する

(1) JDKの概要

・Eclipseを起動させるにはJRE1.7以上が必要です。
・JDKにはJREも含まれているため、JDKのインストールが推奨されます。

(1-1) JDKの種類

JDKには”Open JDK”と”Oracle JDK”があります。
機能的に大きな差はなくほぼ同等のよう。

(1-2) JDKのバージョン(2018年2月時点)

2017年9月にJava 9が発表され、2018年3月にJava 10が発表されました。Java 9以後のJavaは毎年3月と9月の年2回メジャーバージョンアップを行っており、タイムベースのリリースモデルを採用することになりました。また、無償公開されるOracle JDKもJava 10が最終回となるそうです。

>目次にもどる

(2) JDKのインストール

(2-1) wget コマンドでJDK の rpm を取得する

JDKをLinux上でダウンロードするために、まずはローカルのPC(私はWindows)からOracleのサイトに遷移してJDKのダウンロードURLをコピーします。このコピーしたURLを後の手順のコマンドで使用します。

https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

(a) ダウンロードページに遷移したら「Java SE 8uXXX」と書かれた箇所をクリックします。

(b) 対象の資産を右クリックし「リンクのアドレスをコピー」を使ってアドレスをコピーする。
私の場合、アップロード先は64bitのLinuxサーバーなので”Linux x64″を選択していますが、32bitの場合は”Linux x86″を選択します。また「rpm」と「tar.gz」がありますが、今回は「rpm」を選択します。

IT0029_0_wget_url_check_method_2

JDKをインストールする先のAPサーバに”Tera Term”等からログインし、下記のコマンドを実行します。「http://」以降のURL部分は手順(2-0)でコピーしたURLを貼り付けて利用します。

 

[user@host ~]$ wget --no-check-certificate --no-cookies - --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u181-b13/96a7b8442fe848ef90c96a2fad6ed6d1/jdk-8u181-linux-x64.rpm

IT0029_1_wget_JDK_download

(2-2) rpm コマンドでインストールします。

rpm コマンドでインストールします。

[user@host ~]$ sudo rpm -ivh jdk-8u161-linux-x64.rpm

IT0029_2_rpm_jdk-8u161-linux-x64

(2-3) javaコマンドでバージョンを確認する。

下記コマンドを利用してインストールされたJDKのバージョンを確認します

[user@host ~]$ java -version
//出力結果
java version "1.8.0_161"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_161-b12)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.161-b12, mixed mode)

IT0029_3_java_version_check

>目次にもどる

(3) Eclipse Lunaのインストール

(3-1) サイトからダウンロードする

Eclipseのダウンロードサイト(以下URL)にアクセスし「Download」のボタンを押下します。
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/technology/epp/downloads/release/oxygen/2/eclipse-jee-oxygen-2-linux-gtk-x86_64.tar.gz

IT0029_4_eclipse_download

(3-2)サーバにアップロード後に展開

「eclipse-jee-oxygen-2-linux-gtk-x86_64.tar.gz」といった名前でダウンロードされるので、それをAPサーバの任意のディレクトリにアップロードし、下記コマンドで展開します。例では「/tmp」直下にダウンロード、「/ide」直下に展開しています。

[user@host ~]$ sudo tar xvzf /tmp/eclipse-jee-oxygen-2-linux-gtk-x86_64.tar.gz -C /ide

(a) APサーバにアップロード
“SSH SCP”機能を使ってアップロードします。今回は展開の一時的な置き場として「/tmp」を指定しています。
IT0029_5_before_unzip1

IT0029_5_before_unzip2

アップロードが完了したら「ls」コマンドで確認します。
IT0029_5_before_unzip3

(b) 展開前
確認後、上記の”tar”コマンドを入力して展開します。
IT0029_6_after_unzip-0
IT0029_6_after_unzip-1

(c) 展開後
「/ide」の直下を「ls」コマンドで確認しています。
IT0029_6_after_unzip-2

(3-3) GNOME用のランチャーを作成

次にGNOME内のメニュー「アプリケーション」から選択できるよう、GNOME用ランチャーを作成します。

(作成場所)
/usr/share/applications/

(作成ファイル)
eclipse.desktop

(記述内容)
[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Eclipse Oxygen
Name[ja]=Eclipse Oxygen
Comment=Eclipse Oxygen
Comment[ja]=Eclipse Oxygen
Exec=/ide/eclipse/eclipse
Icon=/ide/eclipse/icon.xpm
Terminal=false
Type=Application
Categories=Development;

コマンドとしては、下記の様な流れで入力します。

[user@host ~]$ cd /usr/share/applications/
[user@host ~]$ vi eclipse.desktop
/* 以降はviエディタで(記述内容)に書かれた文言をファイルに貼り付けて保存する */

(a) viエディタを起動します。
IT0029_6_after_unzip-3

(b) 編集モードにして、上記「(記述内容)」に書かれた文言を入力します。
IT0029_6_after_unzip-4

(c) 入力が終わったら編集モードを解除して保存します。
IT0029_6_after_unzip-5

(3-4) Eclipseを起動する

(a) APサーバにリモートデスクトップで接続します。
(※備考: Linuxサーバのリモートデスクトップ環境が未準備の方は、当ブログの記事『さくらVPS(Linux)のリモートデスクトップ環境構築_★IT0006』等をご参照の上、設定をお願いします)

IT0029_7_launch_eclipse

IT0029_7_launch_eclipse2

IT0029_7_launch_eclipse3

(b) 画面が起動したら「Work Bench」を選択します。

IT0029_7_launch_eclipse4

選択後、このような初期状態のメニュー画面に遷移します。
IT0029_7_launch_eclipse5

>目次にもどる

(4) Hello Worldで疎通確認

(4-1) 新規のJavaプロジェクトを作成する

(a) メニューバーから「File」→「New」→「Project」を選択します。

IT0029_8_create_Java_project0

(b) 「Select a wizard」では「Java Project」を選択します。
IT0029_8_create_Java_project1

(c) 任意の「Project name」を設定します。
IT0029_8_create_Java_project2

IT0029_8_create_Java_project4

(4-2) 新規のパッケージ・Javaクラスファイルを作成する

(a) 先ほど作成したプロジェクトの配下にある「src」フォルダを右クリックし、「New」→「Class」を選択します。
IT0029_8_create_Java_project5

(b) 任意の「Package Name」とクラス名「Name」を設定し、「Finish」を押下します。
IT0029_8_create_Java_project6

(c) 出来上がったjavaファイルにサンプルプログラムを入力します。
IT0029_10_HelloWorld2

(d) 「Ctrl+S」でJavaファイルを保存後に、「F11」キーでJavaプログラムを実行します。

IT0029_10_HelloWorld3
IT0029_10_HelloWorld4
IT0029_10_HelloWorld5

「Console」の窓に「HelloWorld」が表示されれば疎通完了です。

>目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 03_Java

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その4)_★IT0016/★IT0017

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。 「(その3)」の続編記事です。 http://rainbow-engine.com/2017/05/05/l …

Linuxのファイアウォール設定(iptables)

Japanese iptables関連のコマンド備忘メモです。 ※iptablesはLinuxのパケットフィルタリング機能(いわゆるファイヤーウォール)です。 コマンド(備忘) 下記コマンドは全てro …

no image

AviUtlの音ズレ回避方法

(※注)この記事は私自身の備忘目的です。 人様に読んで頂くことを意識して書いておりませんので、ご了承ください。 AviUtlの音ズレ回避法についてです。 事象 拡張編集で、動画ファイルと音声ファイルに …

SQL Developer接続エラーへの対処(ORA-12514, ORA-12505)

SQL Developer接続エラーへの対処 今回はSQL Developerを起動し、SYSTEMユーザで接続する際に発生したエラーの対処法について記載します。 目次  >>前提条件   …

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その2)_★IT0011/★IT0013/★IT0014

目次 >>概要(4.インストーラの進行) >>4-1.セキュリティUpdate構成 >>4-2.インストールオプション選択 >>4-3.Gridインスト …

Top