Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

本ブログではIT技術を分かりやすく簡潔にまとめ伝える事で効率的な学習の支援を目指します。

01_IT技術 (Technology) 01_Linux

scpコマンドを使った異なるLinuxサーバ間のファイル転送の方法

投稿日:2017年7月15日 更新日:






異なるLinuxサーバ間(サーバA⇔サーバB)でファイルを転送する方法について書きます。

(0)目次&概説

(1) 転送コマンドの構文
(2) 転送コマンドの実行
 >(2-1) 転送元の転送前(Before)状態確認
 >(2-2) 転送先の転送前(Before)状態確認
 >(2-3) 転送コマンドの実行
(3) 転送結果の確認
(4) 備考

(1) 転送コマンドの構文

転送には”scp”コマンドを使います。”基本構文”は以下です。

/* ①基本構文 */
scp [(1)転送元ファイル] [(2)転送先サーバのOSユーザ名]@[(3)転送先サーバのホスト名]:[(4)転送先ディレクトリ]

上記(1)(2)(3)(4)について実際の例をご紹介します。以下の例は”tnsnames.ora”ファイルを別サーバに転送した際の各値です。事前に設定を行えば、ディレクトリの指定には環境変数(ORACLE_HOME)なども利用可能です。

/* ②代入値 */
[(1)転送元ファイル] = $ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora
[(2)転送先サーバのOSユーザ名] = oracle
[(3)転送先サーバのホスト名] = oracle@tk2-216-17994.vs.sakura.ne.jp
[(4)転送先ディレクトリ] = /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin/

“基本構文”に上記(1)(2)(3)(4)の値を代入するとscpコマンドが完成します。scpコマンドの中で環境変数”ORACLE_HOME”を利用しているため、予め”export”コマンドにより環境変数の設定を行います。実際に利用したscpコマンドは(2-3) 転送コマンドの実行」を参照ください。
目次にもどる

(2) 転送コマンドの実行

(2-1) 転送元の転送前(Before)状態確認

コマンドと直接は関係ないですが、転送元サーバのホスト名は以下です。

[(5)転送元サーバのホスト名] = tk2-262-40837.vs.sakura.ne.jp

転送元ファイル(tnsnames.ora)があるディレクトリの状態は下図の通りです。確認の結果、ファイル所有者が”oracle”であるため、scpコマンドを実行する時はファイル所有者のユーザにスイッチする必要がある(今回は”oracle”)ことが分かります。

[(1)転送元ファイル] = /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin/tnsnames.ora

(2-2) 転送先の転送前(Before)状態確認

転送先のディレクトリの状態は下図の通りです。

[(2)転送先サーバのOSユーザ名] = oracle
[(3)転送先サーバのホスト名] = oracle@tk2-216-17994.vs.sakura.ne.jp
[(4)転送先ディレクトリ] = /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin/

(2-3) 転送コマンドの実行

転送前(Before)の状態が確認できたので、転送元サーバでscpコマンドを実行し、tnsnames.oraを転送先サーバへ移送します。コマンドは「①基本構文」の変数に「②代入値」を代入した下記の例文を使用しました。また(2-1)で言及した通り、ファイルのパーミッションの関係で”oracle”にスイッチしています。

sudo su oracle
export ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
scp $ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora oracle@tk2-216-17994.vs.sakura.ne.jp:/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin/


目次にもどる

(3) 転送結果の確認


転送元
サーバで、ファイル名の右方にある「%」の表示が100に達したら転送完了となります。

転送先サーバにて正常にファイルを受け取ったことを確認します。確認の方法は、転送後に「ls -la」コマンドで転送先のディレクトリを再確認し、差分として転送ファイルが増えている事をチェックします。

目次にもどる

(4) 備考

scpコマンドではマシン間(ローカル/リモート問わず)でファイルをコピーする事が出来ますが、特徴としてはSSHプロトコルを使って通信をする点にあります。
SSHは”Secure Shell”の略で、暗号や認証により安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルで、やり取りするデータやパスワードを暗号化しています。

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 01_Linux

執筆者:

関連記事

OracleデータベースとSQL Serverを冗長性の機能面での比較検討

(0)目次 (1) 冗長性の機能(Oracle)  (1-1) Oracle RAC  (1-2) Oracle Fail Safe (2) 冗長性の機能(SQL Server)  (2-1) Alw …

Linux – シェルスクリプト入門(Hello World/引数・変数/条件分岐/繰り返し処理)

シェルスクリプトの作成方法について ■目次 (1)シェルスクリプトでHello World (2)シェルスクリプトで変数/引数を使う (3)シェルスクリプトで条件分岐を記述 (4)シェルスクリプトで繰 …

VBAで画像を分類に応じて適切なフォルダに仕分けるプログラム

(0)目次&概説 (1) マクロ概要 (2) 使用方法 (3) アルゴリズム概要 (4) プログラム (1) マクロ概要 本マクロは画像ファイルを適切なフォルダに仕分けるためのマクロです。前提として、 …

Linux:定期的に再起動するスクリプト

Linuxサーバーを定期的に再起動するスクリプトを紹介します。定期的に再起動するという処理はシステム構築においては、運用の中で定義される「死活監視」に関連してくる話になります。 ●シェルとは?シェルス …

さくらVPS(Linux)にリモートデスクトップ環境を構築する方法

Linuxのサーバーにリモートデスクトップ環境を構築する手順について解説します。 <目次> >0.背景・目的・前提条件 >1.VNCサーバのインストール >2.VNCサーバの設定ファイル編集 >3.V …

Top