Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

本ブログではIT技術を分かりやすく簡潔にまとめ伝える事で効率的な学習の支援を目指します。

01_IT技術 (Technology) 02_OracleDB

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その3)_★IT0015

投稿日:2017年5月5日 更新日:

目次

(5)リスナーの作成(netca)
 (5-0)リスナーについての概要
 (5-1)netcaの起動(netca)
 (5-2)リスナー設定
 (5-3)リスナー名の設定
 (5-4)リスナーの接続プロトコル
 (5-5)リスナーのポート番号設定
 (5-6)追加設定
 (5-7)完了
 (5-8)結果確認・判定

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。
「(その2)」の続編記事です。
http://rainbow-engine.com/2017/04/30/linux_oracledb_2/

(5)リスナーの作成(netca)

DBCAで最初にDB作成する時にはリスナーの設定がされている必要があるため、先にリスナーの設定をします。

(5-0)リスナーについての概要

リスナーとはDBとAPの接続を調整するプロセスの名称で、OracleのDBサーバと同一筐体内に存在し、以下のような特徴があります。
・リスナーが存在しないと、クライアント→DBへの接続は出来ない
・リスナーは複数のクライアントからの接続要求を受け取る事ができる
・リスナーは複数のDBからの接続要求を受け取る事ができる
・クライアントからの接続要求を受け取ると、サーバプロセスを起動して接続を渡す。

また、Oracleをクライアント/サーバ構成で利用する場合はOracle Netの設定も必要となります。Oracle Netを構成するファイルには以下の3種類があります。
①listener.ora
リスナーの構成情報(ホスト名、プロトコル、ポート番号、接続先データベース、ログファイルの格納ディレクトリなど)
②tnsnames.ora
クライアント→DBサーバへ、ローカルネーミングを利用してDBに接続する際に使用するファイル。
③sqlnet.ora
どのネーミングメソッドを指定して接続をするか?を指定するためのファイル。

 

(5-1)netcaの起動

netcaを起動します。コマンド起動の場合は下記、今回私はoracleユーザでリモートデスクトップ接続した先から起動します。

cd /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/bin
./netca

ポップアップが出たら”Run”を押下する。

ウェルカムページが表示され、起動メニューが表示されます。今回は①で進めます。
①Listener Configuration
→リスナーの設定(listener.ora)
②Naming Methods configuration
→接続識別子の設定(tnsname.ora)
③Local Net Service Name configuration
→ネーミングメソッドの設定(sqlnet.ora)
④Directory Usage Configuration

(5-2)リスナー設定

今回はリスナーを新規作成するので①で進行します。
①追加
②再設定
③削除
④名前変更

(5-3)リスナー名の設定

リスナーの名前を設定します。デフォルトはLISTENERとなっています。今回はデフォルトのまま進行します。

(5-4)リスナーの接続プロトコル

通常はTCPで進行します。

(5-5)リスナーのポート番号設定

リスナーが利用するポート番号の設定をします。今回はデフォルトのまま進行します。

(5-6)追加設定

ほかにリスナーを作成する場合は「はい」を選択。今回は「いいえ」で進行。

(5-7)完了

“Listener Configuration complete!”のメッセージが出たら完了。

(5-8)結果確認・判定

結果として生成されたファイルの中身を確認し、自身が選択した設定が反映されていることを確認します(配置ディレクトリは各自の設定により異なります)。

cd /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin/
cat listener.ora

 

項目 想定結果
リスナー名 LISTENER
接続プロトコル TCP
ポート番号 1521

確認の結果、問題なさそうです。

以上です。

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 02_OracleDB

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

データモデリングの方法とER図描画ツール紹介

(0)目次&概説 (1) 項目を洗い出す  (1-1) 現行システムが存在する場合  (1-2) 新規システムを開発する場合 (2) エンティティを定義する  (2-1) エンティティの作成  (2- …

APサーバ(Java)⇒DBサーバ(OracleDB 11g)へJDBC接続する方法まとめ

(0)目次 (1) 前提条件 (2) JDBCドライバーのインストール  (2-1) JDBCドライバーをダウンロード  (2-2) APサーバにアップロード・解凍 (3) プログラムの実装  (3- …

Linux基礎コマンド(第3回) rm・cat・head・tail

初めてLinuxを触る人向けにTeraTermのログイン方法からコマンドを入力する方法まで数回にわたり解説していきます。本記事はその第3弾です!第1弾の記事はこちら(第1弾)で、第2弾の記事は こちら …

さくらVPS(Linux)にリモートデスクトップ環境を構築する方法

Linuxのサーバーにリモートデスクトップ環境を構築する手順について解説します。 <目次> >0.背景・目的・前提条件 >1.VNCサーバのインストール >2.VNCサーバの設定ファイル編集 >3.V …

OracleDB11g 新規スキーマの作成_★IT0018

(0) 目次 (1) 表領域の作成 (2) スキーマの作成 (3) スキーマの接続権限を付与 (4) 用語解説 (1) 表領域の作成 表領域とデータベースファイル(dbf)を以下のコマンドで作成します …

Top