Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

01_IT技術 (Technology)

Linuxサーバー(CentOS6)にTomcatをインストールする手順

投稿日:2019年6月15日 更新日:


(0)目次&概説

(1) Tomcatとは?
(2) Tomcatインストールと疎通チェック
 (2-1) Tomcat用ユーザーの作成
 (2-2) Tomcatの資源をダウンロード
 (2-3) Tomcatの資源の解凍
 (2-4) Tomcat動作のためのパス設定
 (2-5) Tomcatのポート開放
 (2-6) Tomcatの起動と疎通チェック

(1) Tomcatとは?

Apache Tomcat(以降はTomcatと記載)はアプリケーションサーバー(APサーバー)のソフトで、Java Servletを動かす時に利用します。また簡易的なWebサーバー(インターネットのホームページ等を保持し、クライアントからの閲覧要求に応答する)としての機能も備えています。非営利の団体である Apache ソフトウェア財団から提供されています。

目次にもどる

(2) Tomcatインストールと疎通チェック

(2-1) Tomcat用ユーザーの作成

以下の操作は全てroot権限で実施します。まずは「useradd」コマンドにてTomcat用のユーザーを用意します。

useradd -s /sbin/nologin tomcat

「-s」のオプションはログインシェルの指定で、今回は「/sbin/nologin」を指定しています。Tomcatを利用するに当たり、このユーザーでのログインの必要性がない場合にはセキュリティのため、上記の指定を行います。また追加されたことを確認するために、以下のコマンドを実行します。

id tomcat

目次にもどる

(2-2) Tomcatの資源をダウンロード

Tomcat8.0の「Binary Distributions」の「Core:」から「tar.gz」を右クリックで「リンクのアドレスをコピー」します。

以下のディレクトリに移動してから、先ほどコピーしたアドレスを使い資源をダウンロードします。

cd /usr/local/src/
wget http://ftp.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/tomcat/tomcat-8/v8.5.42/bin/apache-tomcat-8.5.42.tar.gz

 


目次にもどる

(2-3) Tomcatの資源の解凍

以下のコマンドでファイルの解凍を行います。

tar -xvzf apache-tomcat-8.5.42.tar.gz

 


目次にもどる

(2-4) Tomcat動作のためのパス設定

次に動作するためのパス設定を行います。「vi」コマンドで「/etc/profile」を開きます。

vi /etc/profile

 

開いたら編集でパスの設定を行います(「JRE_HOME」とTomcatの「CATALINA_HOME」のパス)。ファイルの末尾に以下の内容を追記します。

JRE_HOME=/usr/java/default
CATALINA_HOME=/usr/local/src/apache-tomcat-8.5.42
export JRE_HOME CATALINA_HOME

 



設定が完了したら環境変数を有効にするため、一度ログインとログアウトを実施します。

目次にもどる

(2-5) Tomcatのポート開放

Tomcatで使用するポート8080に対してINPUT(外部から内部に来る)通信を許可します。以下のコマンドでファイアウォールの設定(iptables)を開きます。

vi /etc/sysconfig/iptables

 

開いたら以下の行を追加します。
(※viエディタの使い方は「viエディタ使い方」を参照)

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8080 -j ACCEPT

 


追加後は設定を反映させるために、iptablesの再起動を行います。

/etc/init.d/iptables restart

 

以下のように結果が[OK]になれば、再起動が正常終了です。

目次にもどる

(2-6) Tomcatの起動と疎通チェック

起動するために以下のコマンドを実行します。

/usr/local/src/apache-tomcat-8.5.42/bin/startup.sh

 

稼働確認としてブラウザから以下のURLに飛べるかチェックします。

http://[各自のIPアドレス又はホスト名].jp:8080

インストールが正常に完了していれば以下のように表示されるはずです。

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「サーブレットコンテナ」や「サーブレットのライフサイクル」とは?(サンプルプログラム付)

※本記事は「サーブレットとは?その役割やHelloWorldサンプルコードのご紹介」の続編です。 (0)目次&概説 (2) サーブレットコンテナの基本  (2-1) サーブレットコンテナとは?  (2 …

Linux(CentOS 6)のパケットフィルタリング方法(iptables)

(0)目次&概説 >(1) “iptables”の概要 >(2) “iptables”の解説  >(2-1) “iptables&#8221 …

システム開発におけるデータモデリングの方法とER図描画ツール紹介

(0)目次&概説 (1) 項目を洗い出す  (1-1) 現行システムが存在する場合  (1-2) 新規システムを開発する場合 (2) エンティティを定義する  (2-1) エンティティの作成  (2- …

VBAによるマトリクスの行列を反転させて転記するプログラム

(0)目次&概説 (1) マクロ概要 (2) 使用方法 (3) アルゴリズム概要 (4) プログラム (1) マクロ概要 マトリクス形式で表現されたデータの行と列を入れ替えるプログラムです。 (※Ex …

APサーバ(Java)⇒DBサーバ(OracleDB 11g)へJDBC接続する方法まとめ

(0)目次 (1) 前提条件 (2) JDBCドライバーのインストール  (2-1) JDBCドライバーをダウンロード  (2-2) APサーバにアップロード・解凍 (3) プログラムの実装  (3- …

Top