Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

01_IT技術 (Technology)

パフォーマンスモニタでディスク(PhysicalDisk)監視する際の主なカウンターについて+具体的にどこをカウントしているのか?を図で表現してみた

投稿日:

(0)目次&概説

(1) 記事の目的
 (1-1) 目的
 (1-2) CPUやメモリの解説について
(2) ディスクの監視
 (2-1) ディスクの主な監視項目
 (2-2) ディスクのカウンター追加について
  (2-2-1) カウンターの選択
  (2-2-2) 選択したオブジェクトのインスタンス
 (2-3) ディスク系カウンターの計測箇所のイメージ図

(1) 記事の目的

(1-1) 目的

・パフォーマンスモニタを余り使い慣れていない人向けにディスク(主にPhysicalDisk)のリソース監視で注目すべきポイントを紹介します。

(1-2) CPUやメモリの解説について

・当記事は「ディスク」関連のカウンターが対象ですが、「CPU」や「メモリ」も別記事(下記リンク)に纏めていますので、よければご参照下さい。

CPU関連の主要カウンター解説 http://rainbow-engine.com/perfmon-processer-important-counters/
メモリ関連の主要カウンター解説 http://rainbow-engine.com/perfmon-memory-important-counters/
ディスク関連の主要カウンター解説 →当記事

目次にもどる

(2) ディスクの監視

(2-1) ディスクの主な監視項目

パフォーマンスモニタにおけるDisk関連の主な監視項目は以下になります。

(表2)

カテゴリ カウンター名 説明 ボトルネック指標
Physical Disk % Disk Time ・ディスクのビジー率を表示します。50%以上の状態が継続していると、ディスクへの負荷が高い事になります。
・具体的な算出方法としては、サンプリング間隔(例:10ms)内にディスクのキュー(I/O操作待ちのキュー)に入った読み取り/書き込み要求の数の平均値を取ったもの(「Avg. Disk Queue Length」)を100倍した数値です。
・上記のような算出のため、例えばRAID構成などを取っている場合などは100%を超えるケースもあります。

50%~100%
Physical Disk Current Disk Queue Length ディスクのキューに残っているアクセス待ち要求の数(I/O操作待ちの数)を表します。ディスク1つ当たり平均して2以上の場合はディスクがボトルネックの可能性があります。 平均2以上
Process IO Data Bytes/Sec プロセスがディスクIOにより読み(Read)や書き(Write)をしているBytes/Secを表示。  
Physical Disk Disk Writes/Sec ディスクの読み取り操作の速度(1秒あたりのI/O処理回数)で、数値が高いほど性能が高い。  
Physical Disk Disk Reads/Sec ディスクの書き込み操作の速度(1秒あたりのI/O処理回数)で、数値が高いほど性能が高い。  
Physical Disk Disk Bites/Sec ディスクの読み取り/書き込み量の速度で、単位はBytes/Sec。例えばスケール「0.0001」で値が「20」の場合は、100,000×20=2,000,000バイト≒2MBとなります。  
Physical Disk Avg. Disk Sec/Write ディスクからのデータ読み取りの平均秒数を表示。  
Physical Disk Avg. Disk Sec/Read ディスクからのデータ書き込みの平均秒数を表示。  

(図311)①
「% Disk Time」と「Avg. Disk Queue Length」はスケールを100倍の差でほぼ一致する(厳密一致する想定でしたが微妙に差異あり・・)

(図312)②
「% Disk Time」はリソースモニタのディスクI/O値の波形と一致している

目次にもどる

(2-2) ディスクのカウンター追加について

(2-2-1) カウンターの選択

上記の(表2)の通りですが、基本は「Physical Disk」のカウンターを見つつ、必要に応じて「Process」で特定のプロセスのディスクIOのボリュームを見ます。「Physical Disk」については、ディスクのビジー率であったり、ディスクI/Oに着目したカウンターを見ます。

目次にもどる

(2-2-2) 選択したオブジェクトのインスタンス

ディスク系のカウンタは、ディスク単位で計測対処に指定する事ができます。「0」がディスク0(図の例ではRドライブ・Cドライブ)、「1」がディスク1(図の例ではNドライブ)という具合に、各ディスクに番号が割り振られています。「_Total」で全プロセスの合計も取得できます。「<全てのインスタンス>」を選択すると自身以外の全て(「_Total」と全個別プロセス)を追加します。

(図322)
下記例でRドライブとCドライブはディスク的には同一のためセットでの計測となる。

目次にもどる

(2-3) ディスク系カウンターの計測箇所のイメージ図

(3-1)の(表2)に挙げた項目について、具体的にどの箇所を計測しているのか?のざっくりしたイメージが掴める図を以下に示します。
(図331)

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PythonのdatapackageとSQLAlchemy、SQLiteを使ってcsvデータをSELECTする

(0)目次&概説 (1) 今回の目的  (1-1) 目的  (1-2) 前提条件 (2) 実施手順  (2-0) 事前作業  (2-1) データ(csv)のロード  (2-2) エンジンの作成  (2 …

VBAで画像を分類に応じて適切なフォルダに仕分けるプログラム

(0)目次&概説 (1) マクロ概要 (2) 使用方法 (3) アルゴリズム概要 (4) プログラム (1) マクロ概要 本マクロは画像ファイルを適切なフォルダに仕分けるためのマクロです。前提として、 …

EclipseでJavaプロジェクトを同一サーバ内で別名コピーする方法

(0)目次&概説 (1) プロジェクトの別名コピーの手順  (1-1) プロジェクトのコピー&ペースト  (1-2) コピーしたプロジェクトをTomcatへ登録  (1-3) Tomcatサーバの再起 …

CiscoのIP電話を用いた複数拠点での電話会議の方法について

(0)目次 (1) Cisco製品を使った電話会議 (2) Conference方式 (3) Meet-Me方式 (1) Cisco製品を使った電話会議 仕事で遠隔地の拠点との会議をするケースがあると …

Javaの動的Webプロジェクト作成での事前設定と雛形Webプロジェクト作成

「動的Webプロジェクト」とはHTMLのような静的ページのみならず、ServletやJSPを用いてWebアプリケーション開発をする際に作成します。本記事ではEclipseにて「動的Webプロジェクト」 …

  • English (United States)
  • 日本語
Top