Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Azure Microsoft

Azureアカウントの作成方法と概要について

投稿日:2021年7月6日 更新日:

 

<目次>

(1) Azureアカウントの作成方法と概要について
 (1-1) Azureアカウントの概要
 (1-2) Azureアカウント作成手順
  ①:Azureサイトにアクセス
  ②:MicrosoftアカウントかGitHubアカウントでサインイン
  ③:各種情報の登録
  ④:作成完了

(1) Azureアカウントの作成方法と概要について

本記事ではMicrosoft Azureのアカウントを新規に作成する方法をご紹介します。

(1-1) Azureアカウントの概要

まずAzureアカウントの構造について軽く触れておきます。「Azureアカウント」があり、その下に「サブスクリプション」を作成する事で、各種サービス(リソース)の作成が可能になります。

(図111)

各用語の簡単な説明は下表の通りです。
(表)
Azureアカウント Azureのアカウントを作成するためには、以下の情報が必要となります。

①Microsoftアカウント または GitHubアカウント
⇒上記のいずれかのアカウントに紐づけて作成します。
②クレジットカード情報
⇒本人確認に使用するのみで、有料サブスクリプションにアップグレードしない限りは課金されないのでご安心ください。

(無料アカウントのポイント)
・Azureの人気機能を12ヵ月無料で利用可能
・最初の30日間は無料で利用できるクレジット付き($200相当)
・25種類以上の無料サービスへのアクセス

サブスクリプション
(Subscription)
「サブスクリプション」はAzureリソースを使用する際の「課金単位」になります。サブスクリプションを作成した後に、その中でリソースを作成する事が可能になります。

「サブスクリプション」単位で、リソースの使用状況を集計して従量課金を行うため、例えば「部署単位で請求を分けたい」といったケースで便利です。
※正確には複数サブスクリプションを纏めて請求書発行等も可能です。詳しくはMicrosoftの公式サイト(⇒https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/azure-architecture-fundamentals/management-groups-subscriptions)をご覧ください。

サブスクリプションの管理者は「Windows Azure Platform
Management Portal」を通じてサービスの管理を行います。

Azureアカウントに対して、サブスクリプションは複数個紐づける事が可能です(Azureアカウント:サブスクリプション=1:Nの関係)

リソースグループ リソースをグループ化して、一括操作可能にしたものです。「論理的なコンテナ」とも呼ばれています。
コンテナを一言で言うなら、アプリケーションと実行環境をセットでパッケージ化し、他環境に容易に運べるようにしたものと言えます。
(参考)コンテナとは?VMとの違いを交えてご紹介
リソース 仮想マシンやストレージ等、各サービスに対応しています。

目次にもどる

(1-2) Azureアカウント作成手順

①:Azureサイトにアクセス

下記サイトにアクセスして「Start Free」を押下。

 
(図121)
 

目次にもどる

②:MicrosoftアカウントかGitHubアカウントでサインイン

「Microsoftアカウント」または「GitHubアカウント」のいずれかを通じて、Azureアカウントを作成します。以下はMicrosoftアカウントでサインインしている例です。

(図122)
 

目次にもどる

③:各種情報の登録

各種情報の入力をします。クレジットカードの情報も要求されますが、本人確認に使用するのみで、有料サブスクリプションにアップグレードしない限りは課金されないため、ご安心ください。その点については、下記のMicrosoft公式ページにも、明確に記載があります。

∟Azure無料アカウントとは
 
クレジットカード情報は本人確認にのみ使用されます。 アップグレードするまで、どのサービスにも課金されません。
 
もし心配な方は、学生の場合は以下URLの「学生用」のアカウントであれば、クレジットカード情報ナシでアカウント作成が可能です。
 
以下、実際の操作の流れです。
(図123)①:個人情報入力
(図123)②:クレジットカード情報の入力
⇒入力したら「サインアップ」を押下
(図123)③:アカウント設定(自動)
(図124)

目次にもどる

④:作成完了

以上で作成完了です。メニューの「ポータル」を押すとAzure Portalに移動できます。

(図125)

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Azure, Microsoft

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Azureの可用性ゾーンとは?概要や設定画面の例も交えてご紹介

  <目次> (1) Azureの可用性ゾーンとは?概要や設定画面の例も交えてご紹介  (1-1) Azureの可用性ゾーンが無い場合に起きる問題  (1-2) Azureの可用性ゾーンとは …

Azureの「NSG」と「Azure Firewall」の違いについて

  <目次> (1) Azureの「NSG」と「Azure Firewall」の違いについて  (1-1) Azure Firewallとは?  (1-2) Azure Firewallの設 …

AzureのARMテンプレートをPowerShellからデプロイする手順をご紹介

  <目次> (1) AzureのARMテンプレートをPowerShellからデプロイする手順をご紹介  (1-1) Azure Resouce Managerとは?  (1-2) ARMテ …

Azure Storageをネットワークドライブに割り当てする方法

  <目次> (1) Azure Storageをネットワークドライブに割り当てする方法  (1-1) Azure Storageについて  (1-2) ネットワークドライブへの割り当て手順 …

Azureの「NSG」とは?概要と設定方法について

  <目次> (1) Azureの「NSG」とは?概要と設定方法について  (1-1) NSG(ネットワークセキュリティグループ)とは?  (1-2) NSGの設定内容について  (1-3) …

  • English (United States)
  • 日本語
Top