Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Java

JavaでJSON配列から値を抽出する方法+郵便番号検索APIのサンプルプログラムも紹介

投稿日:2020年7月24日 更新日:

(0)目次&概説

(1) 記事の目的
 (1-1) 目的
 (1-2) 前提条件
(2) JSON配列から値抽出する方法
 (2-1) JSON配列のデータの構造例
 (2-2) JSON配列のデータの抽出方法
 (2-3) JSON配列のデータの抽出構文
(3) JSON配列からのデータ抽出サンプルプログラム
 (3-1) サンプルプログラム
 (3-2) 実行結果

(1) 記事の目的

(1-1) 目的

JavaでWebAPIをコールして取得したJSON配列から値を抽出する方法について、構文の確認やサンプルプログラムの紹介を通じて理解を深めます。

目次にもどる

(1-2) 前提条件

・JSON形式の抽出をスムーズに行うためには、やはりライブラリを使うのが近道という事で、今回も「JSON in Java」を利用していきます。
・JSON in Javaの導入に関しては長くなるため別記事にて解説しており、そちらの内容を前提条件となっています。
記事:JavaでJSON形式のデータから値を抽出する方法+代表的なエラー対処も紹介
 

(2) JSON配列から値抽出する方法

(2-1) JSON配列のデータの構造例

・通常のJSONと同様に原則はKeyとValueの組み合わせから成り立っています。
・配列になると、次の例のように[ ]の中に更にJSON形式を入れる事で多重化しています。

目次にもどる

(2-2) JSON配列のデータの抽出方法

・通常のJSON時はJSONObjectクラスのgetString()やgetInt()といったメソッドを利用しましたが、多重になるとJSONArray等を用いて多重にしているケースがあります。

・JSONArrayはイメージとして、配列のJSON版のような感じで[JSONObject1, JSONObject2,…]のようになっています。
・以下の例ではJSON形式の中の”results”というKeyのValueとしてJSONArrayが格納されています。

(図222)

目次にもどる

(2-3) JSON配列のデータの抽出構文

例えば次のようなJSON形式のデータがあるとします。

{
	"message": null,
	"results": [
		{
			"address1": "東京都",
			"address2": "新宿区",
			"address3": "新小川町",
			"kana1": "トウキョウト",
			"kana2": "シンジュクク",
			"kana3": "シンオガワマチ",
			"prefcode": "13",
			"zipcode": "1620814"
		}
	],
	"status": 200
}

これを抽出するための構文は次のようになります。

//### 抽出Step1:まずは全体をJSONObjectに格納
JSONObject json1 = new JSONObject(result);

//### 抽出Step2:その中から配列になっている部分をJSONArrayに格納
JSONArray json2 = json1.getJSONArray("results");

//### 抽出Step3:JSONArrayから、個々のJSONObjectをインデックス指定で抽出
JSONObject json3 = json2.getJSONObject(0);

//### 抽出Step4:個々のJSONObjectからgetStringやgetIntでKey情報を指定して値を抽出
System.out.println("郵便番号 : "+json3.getString("zipcode"));

流れを図で表すと次のようになります。
(図232)

目次にもどる

(3) JSON配列からのデータ抽出サンプルプログラム

(3-1) サンプルプログラム

序盤~中盤(74行目まで)は前提記事にてコメント付で掲載しているため、こちらでは割愛して75行目以降にコメントを入れて掲載します。

package studyc;

import java.io.BufferedReader;
import java.io.IOException;
import java.io.InputStream;
import java.io.InputStreamReader;
import java.io.PrintWriter;
import java.net.URL;
import java.net.URLConnection;
import java.util.Base64;

import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.annotation.WebServlet;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

import org.json.JSONArray;
import org.json.JSONObject;

@WebServlet("/WebAPI_IT0112")
public class WebAPI_IT0112 extends HttpServlet {
        private static final long serialVersionUID = 1L;

    public WebAPI_IT0112() {
        super();
    }

        protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
                String url = "zip-cloud.appspot.com/api/search?zipcode=221-0866";         
                callZipCodeAPI(request,response,url);
        }

        protected void doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
                doGet(request, response);
        }

        public static void callZipCodeAPI(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response,String url) throws IOException {
                String newURL = "https://" + url;
                InputStream crunchifyInStream = null;
                String result = "";
				String tmp = "";
                try {
                        URL myURL = new URL(newURL);
                        URLConnection connection = myURL.openConnection();
                        String authString = "Basic " + Base64.getEncoder();
                        connection.setRequestProperty("Authorization", authString);
                        crunchifyInStream = connection.getInputStream();
                } catch (Exception e) {
                        e.printStackTrace();
                }
                BufferedReader in = new BufferedReader(new InputStreamReader(crunchifyInStream));
                try {
                        while((tmp = in.readLine())!=null) {
                                result += tmp;
                        }
                        in.close();
                } catch (IOException e) {
                        e.printStackTrace();
                }
				
                //### サーブレットの画面描画のコード:START
                response.setContentType("text/html;charset=UTF-8");
                PrintWriter out = response.getWriter();
                out.println("<!DOCTYPE html><html><head><meta charset='UTF-8' /><br />");
                out.println("</head><body>");
                out.println("<br /><br />--------------①全体の結果-------------<br /><br />");
                response.getWriter().append(result);
                out.println("<br /><br />--------------②個別の値を抽出-------------<br /><br />");
				
                //**** 以下、今回の解説対象のJSONの二重配列の抽出 ****//
                //### 抽出Step1:まずは全体をJSONObjectに格納
                JSONObject json1 = new JSONObject(result);
                //### 抽出Step2:その中から配列になっている部分をJSONArrayに格納
                JSONArray json2 = json1.getJSONArray("results");
                //### 抽出Step3:JSONArrayから、個々のJSONObjectをインデックス指定で抽出
                JSONObject json3 = json2.getJSONObject(0);
                //### 抽出Step4:個々のJSONObjectからgetStringやgetIntでKey情報を指定して値を抽出
                response.getWriter().append("郵便番号 : "+json3.getString("zipcode")+"<br />");
                response.getWriter().append("住所1 :   "+json3.getString("address1")+"<br />");
                response.getWriter().append("住所2 :   "+json3.getString("address2")+"<br />");
                response.getWriter().append("住所3 :   "+json3.getString("address3")+"<br />");
                response.getWriter().append("カナ1 :   "+json3.getString("kana1")+"<br />");
                response.getWriter().append("カナ2 :   "+json3.getString("kana2")+"<br />");
                response.getWriter().append("都道府県コード :   "+json3.getString("prefcode")+"<br />");
				
                out.println("</body></html>");
                //### サーブレットの画面描画のコード:END
        }
}

目次にもどる

(3-2) 実行結果

(図321)

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Java

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Javaのスレッドとは?概念やサンプルプログラムのご紹介

  <目次> (1) Javaのスレッドとは?概念やサンプルプログラムのご紹介  (1-1) Javaのスレッドとは?  (1-2) 方法①:Threadクラス継承の構文  (1-3) 方法 …

Javaのthisとは?コンストラクタで引数を与えている場合・メソッド引数に使われる場合もご紹介

<目次> (1) Javaのthisとは?コンストラクタに出現する場合やメソッド引数に使われる場合もご紹介  (1-1) thisとは?  (1-2) 用途1:自分自身を指定【重要】  (1-3) 用 …

JavaでJSON形式のデータから値を抽出する方法+代表的なエラー対処も紹介

(0)目次&概説 (1) 記事の目的  (1-1) 目的 (2) JSON形式の概要  (2-1) JSON形式とは?  (2-2) JSON形式のフォーマット (3) JSON形式の抽出方法・事前準 …

Javaのprintfで右揃え(右詰め)や左揃え(左詰め)にフォーマットする方法

<目次> (1) Javaのprintfで右揃えや左揃えにフォーマットする方法  (1-1) 構文  (1-2) 右揃えの方法  (1-3) 左揃えの方法  (1-4) 主要な変換文字(s,d,f,t …

サーバサイドJava(JSP&サーブレット)のFORM認証を用いたログイン画面の開発

(0)目次&概説 (1) サーバー側JavaのFORM認証  (1-1) 認証の種類  (1-2) FORM認証の特徴  (1-3) FORM認証の実装概要 (2) FORM認証の実装手順  (2-1 …

  • English (United States)
  • 日本語
Top