Rainbow Planet

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

01_IT技術 (Technology)

IntelCPUの比較と選び方の参考~CoreiXの数字の違いとか~

投稿日:2020年9月27日 更新日:

<目次>
(1) IntelCPUの比較と選び方の参考
 (1-1) CPUブランド毎のざっくりした違い
 (1-2) COREiX系の違い
  (1-2-1) COREiX系内での優劣について
  (1-2-2) COREiX系の比較表

(1) IntelCPUの比較と選び方の参考

Intel社は様々なブランドでCPUを販売していますが、ブランドの種類によってコンセプトや用途が異なるため、この記事では各ブランドの概要や、COREi[数字]シリーズ(CORE i3, i5, i7, i9)の違いなどを簡単で恐縮ですがご紹介します。

(1-1) CPUブランド毎のざっくりした違い

ブランド単位の大まかなコンセプトや用途は下記の通りです。

開発元 ブランド名 概要
Intel Core i[数字] ・Intelの主力ブランドで、一般用のデスクトップPCやノートPCにて圧倒的なシェアを誇ります。
Intel Xeon ・ハイエンド端末やサーバ用のブランドで、データセンター等でも使われています。
・Pentiumの上位版として始まっています。
Intel Pentium ・Coreシリーズが出る以前にIntelの中核を担っていたブランドです。
・Coreシリーズに比べて機能を抑える代わりに低コストで販売
・Pentinum 4のみハイパースレッディングが可能
Intel Core M ・モバイルデバイス用(タブレットなど)
Intel Celeron ・Coreシリーズに比べて機能を抑える代わりに低コストで販売

Intel Atom ・モバイルデバイス用(タブレットなど)
・32bit/64bit両方ある
・ハイパースレッディングが可能

目次にもどる

(1-2) COREiX系の違い

上記のブランド群の中で、我々が日常最も触れる機会が多いのが「COREi[数字]」シリーズだと思います。特に一般用ノートPCでも採用されており、広く認知されていると思われます。このシリーズ内でも更に細かくCORE i3, i5, i7, i9と分かれていたり、それぞれに世代があったりするため、その違いについて(1-2-2)の比較表で整理しています。

(1-2-1) COREiX系内での優劣について

次の2点が優劣を見る際のポイントとなります。

【ポイント①】
原則は「i7」>「i5」>「i3」ですが、CPUには「世代」の概念があり、当然ならが世代が新しいほど高性能になります。

【ポイント②】
世代があるため「i7」でも世代が古い場合は、「i5」の新しい世代よりも性能が劣るケースもあります(あくまで傾向として、同じ世代同士で比較していくと「i7」>「i5」>「i3」の傾向にある、という意味になります)

(1-2-2) COREiX系の比較表

(表)

メーカー シリーズ名 コア数 スレッド数
(≒論理プロセッサ数)
クロック周波数
基本/最大
(*注1)
キャッシュ
(=CPUが内臓するメモリ)
ハイパース
レッディング
(*注2)
備考
Intel Core i3 ・デュアルコア(2)
(~7th Gen)

・クアッドコア(4)
(8th Gen~)
4スレッド
(2nd-9th Gen)
2.50GHz
(2nd Gen)

4.00GHz/4.60GHz
(9th Gen)
3MB
(2nd Gen)

8MB
(9th Gen)

(※9th Genは除く)
・64bitのみ
・ターボブーストは利用できない
(※アプリの要求に応じてプロセッサのクロック周波数を柔軟にに増加させるIntel社の技術)
Intel Core i5 ・デュアルコア(2)
(~3th Gen)

・クアッドコア(4)
(4th~7th Gen)

・ヘキサコア(6)
(8th Gen~)

4スレッド
(2nd-7th Gen)

6スレッド
(8th Gen~)
2.70GHz/3.50GHz
(2nd Gen)

3.70GHz/4.60GHz
(9th Gen)
3MB
(2nd Gen)

9MB
(8th Gen~)
×
(※レガシーや2th~4thまでの一部のみ対応)
・64bitのみ
・Core i3より高性能
・ターボブーストが利用可能
Intel Core i7 ・クアッドコア(4)
(2th~7th Gen)

・オクタコア(8)
(9th Gen~)

※一部X-Seriesでデカコア(10)あり

8スレッド
(2nd Genなど)

12スレッド
(8th Genなど)
2.00GHz/3.00GHz
(2nd Gen)

4.00GHz/5.00GHz
(8th Gen)
8MB
(2nd Gen)

12MB
(8th Gen~)

※一部X-Seriesで25MBあり


(※9th Genは除く)
・64bitのみ
・Core i5より高性能
・ターボブーストが利用可能

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サーブレットとは?その役割やHelloWorldサンプルコードのご紹介

(0)目次&概説 (1) サーブレットの基本  (1-1) サーブレットとは?  (1-2) サーブレットの前身技術との比較  (1-3) サーブレットとJSPの違い  (1-4) サーブレットのHe …

VBAで処理と処理の間に一定時間を空けて実行する方法

今回はVBAで処理と処理の間に一定時間を空けて実行する方法について、備忘も兼ねて記載します。 (0)目次&概説 (1) Application.wait (2) サンプルプログラムソース (3) サン …

Xamarin.FormsでHelloworldする手順+Buttonコントロール追加のサンプルコード紹介

<目次> (1) Xamarin.FormsでHelloworldする手順  (1-1) Xamarin.Formsプロジェクト構成の概要  (1-2) MainPage.xamlの修正  (1-3) …

木構造の探索における計算量の違いや木構造の種類について(B木/二分木/2-3探索木)

<目次> (1) 木構造の探索における計算量の違いや木構造の種類について(B木/二分木/2-3探索木)  (1-1) 木構造について  (1-2) 「B木」構造  (1-3) 「二分木」構造  (1- …

double型で誤差が発生する件について+発生事例やサンプルプログラムも紹介

<目次> (1) double型では誤差が発生する事について  (1-1) double型は近似値を使用している  (1-2) double型の誤差の例 (1) double型で誤差が発生する件につい …

Top