Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

本ブログではIT技術を分かりやすく簡潔にまとめ伝える事で効率的な学習の支援を目指します。

01_IT技術 (Technology) 02_OracleDB

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その1)_★IT0008/★IT0009/★IT0010

投稿日:2017年4月24日 更新日:

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。

■目次

>>前提条件
>>1.インストール要件の確認
>>2.ユーザ/グループ作成
>>3.Oracle DBソフトウェア入手

■前提条件

・VPSの契約が済んでいる
・CentOS6のインストールが済んでいる
一般ユーザの作成が済んでいる

■1.インストール要件の確認

1-1.メモリー/スワップ領域確認
grep MemTotal /proc/meminfo MemTotal: XX kB 
grep SwapTotal /proc/meminfo SwapTotal: XX kB
1-2.ディスク領域の確認
df -h

表示結果(例)

Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/vda3 97G 2.3G 89G 3% /
tmpfs 499M 8.0K 499M 1% /dev/shm
/dev/vda1 239M 65M 162M 29% /boot
1-3.OSの確認
cat /etc/redhat-release #redhatの場合 
cat /etc/centos-release #centosの場合

表示結果(例)

Red Hat Enterprise Linux Server release 5.5 (Tikanga)
CentOS release 6.8 (Final)
1-4.カーネルの確認
uname -a

表示結果(例)

Linux testsrv 2.6.18-194.el5 #1 SMP Mon Mar 29 22:10:29 EDT 2010 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

 

1-5.判定

下記の数値を満たせばOK

確認項目 コマンド 要件
メモリー # grep MemTotal /proc/meminfo 2GB以上
スワップ領域 # grep SwapTotal /proc/meminfo 4GB以上(一般的に物理メモリの2倍)
ディスク領域 # df -h 約6GB(/tmpディレクトリは1GB)
OS # cat /etc/redhat-release Red Hat Enterprise Linux 5.2 以上
カーネル # uname -a 2.6.18以上

>>目次にもどる

■2.ユーザ/グループ作成

2-1.グループ作成

インストールに必要となるグループを作成します。

groupadd oinstall
groupadd dba
2-2.ユーザの作成

“oracle”ユーザを作成し、パスワードを設定します。

useradd oracle
passwd oracle
2-3.ユーザをグループ追加

oracleユーザのメイングループにoinstall、サブグループにdbaを設定します。

usermod -g oinstall -G dba oracle
2-4.インストール階層作成

oracle用の階層を作成し、所有者/グループ/パーミッションの設定をします。

mkdir /u01
cd /u01
mkdir app
cd app
mkdir oracle
chown -R oracle:oinstall /u01/app
chmod -R 775 /u01/app

>>目次にもどる

■3.Oracle DBソフトウェア入手

3-1.インストーラのダウンロード

Oracle Databse 11g R2 の Linux 用インストーラーを下記サイトからダウンロード。
http://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/downloads/index.htm
・linux.x64_11gR2_database_1of2.zip
・linux.x64_11gR2_database_2of2.zip

3-2.zipファイルをサーバにUpload&解凍

上記ファイルをサーバーの作業用一時ディレクトリにアップロードし、解凍する。
From:上記ファイルを保存したローカルパス
To:/tmp
oracle_upload
アップロードが完了すると、下記のような状態になります。
2_upload

解凍は下記のコマンドで行います。

unzip linux.x64_11gR2_database_1of2.zip
unzip linux.x64_11gR2_database_2of2.zip
3-3.インストーラの起動

今回は、GNOMEデスクトップ環境から起動します。
「2.ユーザ/グループ作成」で作成した”oracle”ユーザでログインします。
Computer⇒File System⇒tmp⇒database⇒runInstaller
4-1_runInstaller

下記が表示されたら”Run”を選択し進める。
4-1_installer_popup

>>目次にもどる

↓↓「その2」に続く!!

http://rainbow-engine.com/2017/04/24/linux_oracledb_2/

※解説動画URL
LinuxにOracleDB11gインストール(パート1・その1)
https://youtu.be/7TyVcbNyGnk

LinuxにOracleDB11gインストール(パート1・その2)
https://youtu.be/UtxyRDE3y1U

LinuxにOracleDB11gインストール(パート1・その3)
https://youtu.be/t8FyzjYxsNU

ご訪問ありがとうございます!
Thanks for visiting!!

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 02_OracleDB

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linux:サーバ死活管理スクリプト

Linuxサーバの死活管理スクリプトについて。 1.事前準備・確認 内容としては、確認したいサーバにpingを飛ばし応答がない場合は管理者にメールをするというもの。メインは以下のコマンド。 ping …

Linux間のscpコマンドを使ったファイル転送_★IT0012

Linux間のファイル転送 異なるサーバ(Linux)間のファイル転送方法についてです。 scpコマンドを使います。基本構文は下記です。 scp [転送元ファイル] [転送先サ …

Linux基礎コマンド(第1回) TeraTermログイン・pwd・cd

初めてLinuxを触る人向けにTeraTermのログイン方法からコマンドを入力する方法まで数回にわたり解説していきます。本記事はその第1弾です。 (0)目次&概説 >(1) Linuxのディレクトリ構 …

【PL/SQL】”UTL_FILE”パッケージを利用して”.TXT”を読み込む方法

今回はPL/SQLのUTL_FILEパッケージを利用して、サーバ内にあるテキストファイルを読み込むプロシージャを作成したいと思います。 ■目次 >>(1)事前準備:ディレクトリオブジェクト …

データモデリングの方法とER図描画ツール紹介

(0)目次&概説 (1) 項目を洗い出す (1-1) 現行システムが存在する場合 (1-2) 新規システムを開発する場合 (2) エンティティを定義する (2-1) エンティティの作成 (2-2) エ …

Top