Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

01_IT技術 (Technology) 02_OracleDB

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その2)

投稿日:2017年4月30日 更新日:

目次

(4)インストーラの進行
 (4-1)セキュリティUpdate構成
 (4-2)インストールオプション選択
 (4-3)Gridインストールオプション
 (4-4)製品言語の選択
 (4-5)データベースEditionの選択
 (4-6)インストール場所の指定
 (4-7)インベントリの作成
 (4-8)権限のあるOSグループ
 (4-9)前提条件チェックの実行
 (4-10)サマリー
 (4-11)インストールの進捗状況
 (4-12)エラー対応
 (4-13)構成スクリプトの実行
 (4-14)インストール完了

概要

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。
「(その1)」の続編記事です。
http://rainbow-engine.com/2017/04/24/linux_oracledb/

(4-1)セキュリティUpdate構成

My Oracle Supportからセキュリティ通知を受け取るか否かの設定です。
①受け取りたい:E-mailアドレス、MOSのパスワードを入力
②受け取りたくない:入力せずに進む
今回は②で進めます。

警告が出ますが、”Yes”を押下し続行。

目次に戻る

(4-2)インストールオプション選択

選択肢は以下。今回は②で進行させ、DB作成は別途実施(その3)します。
①データベースの作成および構成
>Oracleソフトウェア+DB作成
②データベース・ソフトウェアのみインストール
>Oracleソフトウェアのみ
③既存のデータベースをアップグレード

目次に戻る

(4-3)Gridインストールオプション

選択肢は以下。今回は①で進行させる。
①単一インスタンス・データベースのインストール
②Oracle Real Application Clusters(*注)データベースのインストール
(*注)通常DB1つに対してInstanceが1つ対応しますが、RAC DBでは複数Instanceで1つのDBファイルを共有することができます。

目次に戻る

(4-4)製品言語の選択

日本語と英語を選択し進行する。

目次に戻る

(4-5)データベースEditionの選択

選択肢は以下。今回は②で進行させます。
①Enterprise Edition
>パラレルクエリに対応している、オンラインでINDEX再構成/表再構成ができる
②Standard Edition
>パラレルクエリ不可、オフラインでINDEX再構成/表再構成ができる
③Standard Edition One

目次に戻る

(4-6)インストール場所の指定

OracleベースとOracle DBソフトウェアのインストール場所のパスを指定します。デフォルトはそれぞれORACLE_BASE、ORACLE_HOMEの値をデフォルト表示します。
ORACLE_BASEはOracleディレクトリ構造のトップディレクトリです。
ORACLE_HOMEはOracleのソフトウェアをインストールするディレクトリです。BASE配下が推奨されています。
今回はデフォルト値で進行します。
ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1

目次に戻る

(4-7)インベントリの作成

インベントリディレクトリとは、いままでインストールしたOracle製品の記録が保存される場所です。
例えば、インストール時の情報や製品情報等が記録されます。コンピュータに初めてOracle製品をインストールする際に作成され、今後導入する全てのOrace製品でも同じディレクトリが利用されます。今回は本サーバでの初めてのOracle製品導入であるため、設定画面が表示されますが、2回目以降は表示されません。
今回は下記設定で進行します。
Inventory Directory = /u01/app/oraInventory
oraInventoryに対し、書き込み権限を有するグループ:oinstall

目次に戻る

(4-8)権限のあるOSグループ

OracleDBにはOS認証と呼ばれる仕組みがあり、DBのユーザ名/パスワードを利用する代わりに、OSユーザを利用してDBに対する認証を行うことができます。その認証を利用できるのが、OSDBA・OSOPERグループに加入しているOSユーザになります。
ここではOSDBA・OSOPERのグループを設定しており、今回は”dba”、”oinstall”とします。

目次に戻る

(4-9)前提条件チェックの実行

インストール時の前提条件チェックが走ります(①)。要件を満たさない場合は「修正スクリプト」の実行依頼が表示されます(②)。修正スクリプトを実行(③)すると、システムパラメータの一部がOracle推奨値に設定されOS構成が完了します。







再度チェックを実行しても、まだパッケージの”Failed”が残っています。
CentOS 6の場合、このようにパッケージのチェックでFailする事がありますが、これらは実際にインストールされているバージョンが推奨要件よりも上のバージョンである事により発生しており、”Ignore”(無視)しても問題なく、”Ignore all”にチェックを入れて進めます。



目次に戻る

(4-10)サマリー

今まで選択した項目のまとめが表示されます。”Finish”を押下するとインストールが開始されます。

目次に戻る

(4-11)インストールの進捗状況

インストールの進捗が表示されます。今回は②のエラーに遭遇しました。

Error in invoking target 'install' of makefile.
'/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/ctx/lib/ins_ctx.mk'.See
'/u01/app/oraInventory/logs/installActionsYYYY-MM-DD-XX-XX-XXPM.log' for dtails.





目次に戻る

(4-12)エラー対応

主に下記対応をしました。正直、この辺はググってやったものの、あまり理解できていません。有識者に補足いただけると嬉しいです。

①ログファイルの確認

GLIBCPP_3.2というキーワードから”libstdc++”のインストールを検討・実施。

yum provides libstdc++.so.5


②libstdc++インストール
yum install compat-libstdc++-33-3.2.3-69.el6.i686



③”ins_emagent.mk”修正
vi $ORACLE_HOME/sysman/lib/ins_emagent.mk

の下記文言を修正(ORACLE_HOMEは各自設定したディレクトリ)。

/*修正前*/ $(MK_EMAGENT_NMECTL)
/*修正後*/ $(MK_EMAGENT_NMECTL) -lnnz11






④”cus_ctx.mk”修正
vi $ORACLE_HOME/ctx/lib/ins_ctx.mk

の下記文言を修正(ORACLE_HOMEは各自設定したディレクトリ)

/*修正前*/
ctxhx: $(CTXHXOBJ)
$(LINK_CTXHX) $(CTXHXOBJ) $(INSO_LINK)
/*修正後*/
ctxhx: $(CTXHXOBJ)
-static $(LINK_CTXHX) $(CTXHXOBJ) $(INSO_LINK)



②修正前

③修正後

目次に戻る

(4-13)構成スクリプトの実行

ソフトウェアインストール後、以下のスクリプトの実行をする必要があります。
root.sh
orainstRoot.sh

②root.sh

cd /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/
./root.sh



③orainstRoot.sh

cd /u01/app/oraInventory
/orainstRoot.sh



目次に戻る

(4-14)インストール完了

下記の画面でインストール完了を確認。

目次に戻る

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 02_OracleDB

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Python3.5&Anaconda4.2のインストール手順(CentOS6)とHelloWorldの方法

(0)目次&概説 (1) インストール資源の入手  (1-1) ディストリビューション  (1-2) GitHubのpyenvのリポジトリのコピーを取得する (2) インストールの実施  (2-1) …

OracleDB11g で新規表領域とスキーマの作成

(0) 目次 (1) 表領域の作成 (2) スキーマの作成 (3) スキーマの接続権限を付与 (4) 用語解説 (1) 表領域の作成 表領域とデータベースファイル(dbf)を以下のコマンドで作成します …

CentOS6の日本語入力の設定中に起きた「Unable to keep Input Method running」エラーや文字化けの対処方法について

(0)目次&概説 (1) 記事の目的 (2) 日本語化の対応手順 (3) 各パッケージの補足説明 (4) エラー対処:IBusの”Unable to keep Input Method R …

システム開発におけるデータモデリングの方法とER図描画ツール紹介

(0)目次&概説 (1) 項目を洗い出す  (1-1) 現行システムが存在する場合  (1-2) 新規システムを開発する場合 (2) エンティティを定義する  (2-1) エンティティの作成  (2- …

VBAによるマトリクスの行列を反転させて転記するプログラム

(0)目次&概説 (1) マクロ概要 (2) 使用方法 (3) アルゴリズム概要 (4) プログラム (1) マクロ概要 マトリクス形式で表現されたデータの行と列を入れ替えるプログラムです。 (※Ex …

Top