Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

本ブログではIT技術を分かりやすく簡潔にまとめ伝える事で効率的な学習の支援を目指します。

01_IT技術 (Technology) 02_OracleDB

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その2)_★IT0011/★IT0013/★IT0014

投稿日:2017年4月30日 更新日:

目次

>>概要(4.インストーラの進行
>>4-1.セキュリティUpdate構成
>>4-2.インストールオプション選択
>>4-3.Gridインストールオプション
>>4-4.製品言語の選択
>>4-5.データベースEditionの選択
>>4-6.インストール場所の指定
>>4-7.インベントリの作成
>>4-8.権限のあるOSグループ
>>4-9.前提条件チェックの実行
>>4-10.サマリー
>>4-11.インストールの進捗状況
>>4-12.エラー対応
>>4-13.構成スクリプトの実行
>>4-14.インストール完了

概要

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。
「(その1)」の続編記事です。
http://rainbow-engine.com/2017/04/24/linux_oracledb/

4-1.セキュリティUpdate構成

My Oracle Supportからセキュリティ通知を受け取るか否かの設定です。
①受け取りたい:E-mailアドレス、MOSのパスワードを入力
②受け取りたくない:入力せずに進む
今回は②で進めます。
4-2_secuconf
警告が出ますが、”Yes”を押下し続行。
4-2_secuconf3
>>目次に戻る

4-2.インストールオプション選択

選択肢は以下。今回は②で進行させ、DB作成は別途実施(その3)します。
①データベースの作成および構成
>Oracleソフトウェア+DB作成
②データベース・ソフトウェアのみインストール
>Oracleソフトウェアのみ
③既存のデータベースをアップグレード
4-3_installoption
>>目次に戻る

4-3.Gridインストールオプション

選択肢は以下。今回は①で進行させる。
①単一インスタンス・データベースのインストール
②Oracle Real Application Clusters(*注)データベースのインストール
(*注)通常DB1つに対してInstanceが1つ対応しますが、RAC DBでは複数Instanceで1つのDBファイルを共有することができます。
4-4_db_installation
>>目次に戻る

4-4.製品言語の選択

日本語と英語を選択し進行する。
4-5_language
>>目次に戻る

4-5.データベースEditionの選択

選択肢は以下。今回は②で進行させます。
①Enterprise Edition
>パラレルクエリに対応している、オンラインでINDEX再構成/表再構成ができる
②Standard Edition
>パラレルクエリ不可、オフラインでINDEX再構成/表再構成ができる
③Standard Edition One
4-6_edition
>>目次に戻る

4-6.インストール場所の指定

OracleベースとOracle DBソフトウェアのインストール場所のパスを指定します。デフォルトはそれぞれORACLE_BASE、ORACLE_HOMEの値をデフォルト表示します。
ORACLE_BASEはOracleディレクトリ構造のトップディレクトリです。
ORACLE_HOMEはOracleのソフトウェアをインストールするディレクトリです。BASE配下が推奨されています。
今回はデフォルト値で進行します。
ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
4-7_basehome
>>目次に戻る

4-7.インベントリの作成

インベントリディレクトリとは、いままでインストールしたOracle製品の記録が保存される場所です。
例えば、インストール時の情報や製品情報等が記録されます。コンピュータに初めてOracle製品をインストールする際に作成され、今後導入する全てのOrace製品でも同じディレクトリが利用されます。今回は本サーバでの初めてのOracle製品導入であるため、設定画面が表示されますが、2回目以降は表示されません。
今回は下記設定で進行します。
Inventory Directory = /u01/app/oraInventory
oraInventoryに対し、書き込み権限を有するグループ:oinstall
4-8_inventory
>>目次に戻る

4-8.権限のあるOSグループ

OracleDBにはOS認証と呼ばれる仕組みがあり、DBのユーザ名/パスワードを利用する代わりに、OSユーザを利用してDBに対する認証を行うことができます。その認証を利用できるのが、OSDBA・OSOPERグループに加入しているOSユーザになります。
ここではOSDBA・OSOPERのグループを設定しており、今回は”dba”、”oinstall”とします。
4-9_sysgrp
>>目次に戻る

4-9.前提条件チェックの実行

インストール時の前提条件チェックが走ります(①)。要件を満たさない場合は「修正スクリプト」の実行依頼が表示されます(②)。修正スクリプトを実行(③)すると、システムパラメータの一部がOracle推奨値に設定されOS構成が完了します。

4-10_installcheck

4-11_fix_script

4-11_runfixup2

再度チェックを実行しても、まだパッケージの”Failed”が残っています。
CentOS 6の場合、このようにパッケージのチェックでFailする事がありますが、これらは実際にインストールされているバージョンが推奨要件よりも上のバージョンである事により発生しており、”Ignore”(無視)しても問題なく、”Ignore all”にチェックを入れて進めます。
4-12_installcheck2

4-13_ignore
>>目次に戻る

4-10.サマリー

今まで選択した項目のまとめが表示されます。”Finish”を押下するとインストールが開始されます。
4-14_summary
>>目次に戻る

4-11.インストールの進捗状況

インストールの進捗が表示されます。今回は②のエラーに遭遇しました。

Error in invoking target 'install' of makefile.
'/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/ctx/lib/ins_ctx.mk'.See
'/u01/app/oraInventory/logs/installActionsYYYY-MM-DD-XX-XX-XXPM.log' for dtails.


4-15_install8

4-15_install9
>>目次に戻る

4-12.エラー対応

主に下記対応をしました。正直、この辺はググってやったものの、あまり理解できていません。有識者に補足いただけると嬉しいです。

①ログファイルの確認

GLIBCPP_3.2というキーワードから”libstdc++”のインストールを検討・実施。

yum provides libstdc++.so.5

4-16_errorlog
4-17_package

②libstdc++インストール
yum install compat-libstdc++-33-3.2.3-69.el6.i686

4-17_package2
4-17_package3
4-17_package4

③”ins_emagent.mk”修正
vi $ORACLE_HOME/sysman/lib/ins_emagent.mk

の下記文言を修正(ORACLE_HOMEは各自設定したディレクトリ)。

/*修正前*/ $(MK_EMAGENT_NMECTL)
/*修正後*/ $(MK_EMAGENT_NMECTL) -lnnz11


4-18_insemagent

4-18_insemagent2

4-18_insemagent3

④”cus_ctx.mk”修正
vi $ORACLE_HOME/ctx/lib/ins_ctx.mk

の下記文言を修正(ORACLE_HOMEは各自設定したディレクトリ)

/*修正前*/
ctxhx: $(CTXHXOBJ)
$(LINK_CTXHX) $(CTXHXOBJ) $(INSO_LINK)
/*修正後*/
ctxhx: $(CTXHXOBJ)
-static $(LINK_CTXHX) $(CTXHXOBJ) $(INSO_LINK)


4-19_ins_ctx
②修正前
4-19_ins_ctx4
③修正後
4-19_ins_ctx5
>>目次に戻る

4-13.構成スクリプトの実行

ソフトウェアインストール後、以下のスクリプトの実行をする必要があります。
root.sh
orainstRoot.sh
4-21_config_script
②root.sh

cd /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/
./root.sh

4-22_rootsh
4-22_rootsh2
③orainstRoot.sh

cd /u01/app/oraInventory
/orainstRoot.sh

4-22_oraInstrootsh
4-22_oraInstrootsh2
>>目次に戻る

4-14.インストール完了

下記の画面でインストール完了を確認。
4-22_success
>>目次に戻る
大変長丁場でしたが、最後までお読み頂きありがとうございます。

※解説動画URL
LinuxにOracleDB11gインストール(パート2・その1)
https://youtu.be/hYU1iO2P9Dw

LinuxにOracleDB11gインストール(パート2・その2)
https://youtu.be/C8uLbflsMmc

LinuxにOracleDB11gインストール(パート2・その3)
https://youtu.be/JF2o53ICAOA

Thanks for visiting & reading the article.

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 02_OracleDB

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

OracleDB11g 新規スキーマの作成_★IT0018

0.目次 >>1.表領域の作成 >>2.スキーマの作成 >>3.スキーマの接続権限を付与 1.表領域の作成 表領域とデータベースファイル(dbf)を以下のコマンドで …

APサーバ(Java)⇒DBサーバ(OracleDB 11g)へJDBC接続する方法まとめ

(0)目次 >>(1) 前提条件 >>(2) JDBCドライバーのインストール >>(2-1) JDBCドライバーをダウンロード >>(2-2) APサ …

Linux基礎コマンド(第3回) rm・cat・head・tail

初めてLinuxを触る人向けにTeraTermのログイン方法からコマンドを入力する方法まで数回にわたり解説していきます。本記事はその第3弾です!第1弾の記事はこちら(第1弾)で、第2弾の記事は こちら …

さくらVPS(Linux)にリモートデスクトップ環境を構築する方法

Linuxのサーバーにリモートデスクトップ環境を構築する手順について解説します。 <目次> >0.背景・目的・前提条件 >1.VNCサーバのインストール >2.VNCサーバの設定ファイル編集 >3.V …

【PL/SQL】”UTL_FILE”パッケージを利用して”.TXT”を読み込む方法

今回はPL/SQLのUTL_FILEパッケージを利用して、サーバ内にあるテキストファイルを読み込むプロシージャを作成したいと思います。 ■目次 >>(1)事前準備:ディレクトリオブジェクト …

Top