Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

"世界を加速させる"/"Accelerate the World"

01_IT技術 (Technology) 01_Linux

さくらVPS(Linux)のリモートデスクトップ環境構築_★IT0006

投稿日:2016年4月10日 更新日:

Linuxリモートデスクトップ環境構築
今回はLinuxのサーバーにリモートデスクトップ環境を構築する手順について解説します。

前提条件
・VPSの契約が済んでいる
・CentOS6がインストールされている
一般ユーザの作成が済んでいる(rootスイッチが出来ること)

以降の手順は全てrootで実施します。

/* rootでないユーザでログインしている場合は下記のコマンドでスイッチします */
sudo su

0.手順

 >>1.VNCサーバのインストール
 >>2.VNCサーバの設定ファイル編集
 >>3.VNC 接続用のパスワード設定
 >>4.GNOME設定のため一度VNCを終了させる
 >>5.GNOMEの登録設定
 >>6.iptablesの設定
 >>7.VNCサーバの起動
 >>8.クライアントマシンから接続
 >>9.VNCサーバの停止
 >>補足

1.VNCサーバのインストール

/* インストールコマンドの実行 */
yum install tigervnc-server 

yum groupinstall "X Window System" "Desktop"
/* 両方コマンドとも下記の問いかけには"y"を入力する。 */
Total download size: XX M Is this ok [y/d/N]:

“Complete!”が出たら完了。

/* ステータスの確認 */
/etc/rc.d/init.d/vncserver status

>>目次にもどる

2.VNCサーバの設定ファイル編集

/* vncserversファイルの編集 */
vi /etc/sysconfig/vncservers
/* 下記文言を追加 */
VNCSERVERS="1:admin"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768 -nolisten tcp"

>>目次にもどる

3.VNC 接続用のパスワード設定

※3~5の操作は一般ユーザで実行しますので、exitで一般ユーザ(2の操作で指定したユーザ)に戻ります。

exit

vncpasswd

>>目次にもどる

4.GNOME設定のため一度VNCを終了させる

vncserver -geometry 800x600 vncserver -kill :1

>>目次にもどる

5.GNOMEの登録設定

xstartupファイルの編集。

vi ~/.vnc/xstartup

下記行をコメントアウト

# xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
# twm &

下記文言を追加 (2018年2月12日修正:余分なスペースを削除)

gnome-session &

上記の設定後、ファイルのパーミッション変更(2018年2月12日追記)

chmod 777 ~/.vnc/xstartup

>>目次にもどる

6.iptablesの設定

viエディタの使うのが初めての方はこちらを参照。以降の操作は再びrootで実施します。

sudo su
cd /etc/sysconfig/
vi iptables
/* 下記の文言を追加する */
/* 今回のディスプレイ番号は[1]なので、5901ポートへの接続を許可する設定を加える */
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5901 -j ACCEPT
/* iptablesを再起動する */
/etc/init.d/iptables restart

>>目次にもどる

7.VNCサーバの起動

/etc/rc.d/init.d/vncserver start

>>目次にもどる

8.クライアントマシンから接続

今回は「VNC Viewer」を利用します
下記の5901はポート番号で、5900+ディスプレイ番号(1)=5901を指定します。
1_vnc
2_vnc
3_vnc

>>目次にもどる

9.VNCサーバの停止

利用終了後などは下記コマンドを実行します。

/etc/rc.d/init.d/vncserver stop

>>目次にもどる

補足

「6」のiptablesの手順を実施しないと、vnc viewer起動時に下記エラーが出現します。
10060

ログの中身は下記の様なメッセージが表示されます。

Window manager warning: Fatal IO error 11 (Resource temporarily unavailable) on display ':1'

動画でも解説しています。よければどうぞ。
さくらVPS(Linux)にVNCサーバ導入リモートデスクトップ環境構築/IT0006


>>目次にもどる

ご訪問ありがとうござます。
Thanks for visiting !!

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 01_Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linuxのユーザ作成方法_★IT0005

Linuxでユーザを作成する方法を書きます。 前提条件 ・VPSの契約が済んでいる 0.目次 >>1.ユーザの作成 >>2.ユーザの「Wheel」グループへの追加 1.ユーザの …

【PL/SQL】”UTL_FILE”パッケージを利用して”.TXT”を読み込む方法

今回はPL/SQLのUTL_FILEパッケージを利用して、サーバ内にあるテキストファイルを読み込むプロシージャを作成したいと思います。 ■目次 >>(1)事前準備:ディレクトリオブジェクト …

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その3)_★IT0015

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。 「(その2)」の続編記事です。 http://rainbow-engine.com/2017/04/30/l …

Linux:サーバ死活管理スクリプト

Linuxサーバの死活管理スクリプトについて。 1.事前準備・確認 内容としては、確認したいサーバにpingを飛ばし応答がない場合は管理者にメールをするというもの。メインは以下のコマンド。 ping …

Linux間のscpコマンドを使ったファイル転送_★IT0012

Linux間のファイル転送 異なるサーバ(Linux)間のファイル転送方法についてです。 scpコマンドを使います。基本構文は下記です。 scp [転送元ファイル] [転送先サ …

Top