Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

本ブログではIT技術を分かりやすく簡潔にまとめ伝える事で効率的な学習の支援を目指します。

01_IT技術 (Technology) 01_Linux

さくらVPS(Linux)にリモートデスクトップ環境を構築する方法

投稿日:2016年4月10日 更新日:

Linuxのサーバーにリモートデスクトップ環境を構築する手順について解説します。

<目次>

0.背景・目的・前提条件
1.VNCサーバのインストール
2.VNCサーバの設定ファイル編集
3.VNC 接続用のパスワード設定
4.GNOME設定のため一度VNCを終了させる
5.GNOMEの登録設定
6.iptablesの設定
7.VNCサーバの起動
8.クライアントマシンから接続
9.VNCサーバの停止
補足

0.背景・目的・前提条件

LinuxといえばCUI(TeraTerm等のコマンドライン)のイメージがあるかも知れませんが、Windowsの様なGUI操作をする事も可能です。今回は”CentOS 6″に”VNCサーバ”をインストールしてリモートデスクトップ接続によるGUI操作を可能にする手順を紹介します。作業の「前提条件」としては下記を満たしている事が必須です。

①VPSの契約が済んでいる
②CentOS6がインストールされている
③一般ユーザの作成が済んでいる(rootスイッチが出来ること)

 

また、以降の手順は全てrootで実施します。

/* rootでないユーザでログインしている場合は下記のコマンドでスイッチします */
sudo su

1.VNCサーバのインストール

まずはサーバにTeraTerm等でログインできたら、下記コマンドを実行します。途中で「Total download size: XX M Is this ok [y/d/N]:」という問いかけが来るので「y」(“yes”の意)を入力してインストールを進めます。

/* インストールコマンドの実行 */
yum install tigervnc-server 
yum groupinstall "X Window System" "Desktop"

/* 両方コマンドとも下記の問いかけには"y"を入力する。 */
Total download size: XX M Is this ok [y/d/N]:

コンソールに”Complete!”の文字が表示されたら完了です。

/* ステータスの確認 */
/etc/rc.d/init.d/vncserver status

目次にもどる

2.VNCサーバの設定ファイル編集

下記viコマンドで「vncservers」というファイルをviエディタで開きます。開けたら「下記文言を追加」に書かれた文言をファイルの末尾に追記します。

/* vncserversファイルの編集 */
vi /etc/sysconfig/vncservers

/* 下記文言を追加 */
VNCSERVERS="1:admin"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768 -nolisten tcp">

目次にもどる

3.VNC 接続用のパスワード設定

VNCでは利用するユーザ毎にパスワードの設定が必要となります。手順3~5の操作は一般ユーザで実行しますので、exitで一般ユーザ(2の操作で指定したユーザ)に戻ります。戻ったら「vncpasswd」コマンドでパスワードの設定を行います。

exit
vncpasswd

目次にもどる

4.GNOME設定のため一度VNCを終了させる

次手順にて編集する「xstartup」ファイルは一度vncserverが起動しないと元ファイルが作成されないため、一度vncserverを起動したのちにGNOME設定のため一度VNCを終了させます。

sudo /etc/rc.d/init.d/vncserver start
vncserver -geometry 800x600 vncserver -kill :1

目次にもどる

5.GNOMEの登録設定

下記のviコマンドでxstartupファイルを開いて編集します。

vi ~/.vnc/xstartup

下記行をコメントアウトします。

# xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
# twm &

下記文言を追加 (2018年2月12日修正:余分なスペースを削除)

gnome-session &

上記の設定後、ファイルのパーミッション変更(2018年2月12日追記)

chmod 777 ~/.vnc/xstartup

目次にもどる

6.iptablesの設定

viエディタの使うのが初めての方はこちらを参照。以降の操作は再びrootで実施します。

sudo su
cd /etc/sysconfig/
vi iptables

/* 下記の文言を追加する */
/* 今回のディスプレイ番号は[1]なので、5901ポートへの接続を許可する設定を加える */
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5901 -j ACCEPT

/* iptablesを再起動する */
/etc/init.d/iptables restart

目次にもどる

7.VNCサーバの起動

/etc/rc.d/init.d/vncserver start

目次にもどる

8.クライアントマシンから接続

今回は「VNC Viewer」を利用します
下記の5901はポート番号で、5900+ディスプレイ番号(1)=5901を指定します。

目次にもどる

9.VNCサーバの停止

利用終了後などは下記コマンドを実行します。

/etc/rc.d/init.d/vncserver stop

目次にもどる

補足

「6」のiptablesの手順を実施しないと、vnc viewer起動時に下記エラーが出現します。

ログの中身は下記の様なメッセージが表示されます。

Window manager warning: Fatal IO error 11 (Resource temporarily unavailable) on display ':1'

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 01_Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

OracleDB11g 新規スキーマの作成_★IT0018

0.目次 >>1.表領域の作成 >>2.スキーマの作成 >>3.スキーマの接続権限を付与 1.表領域の作成 表領域とデータベースファイル(dbf)を以下のコマンドで …

Linux基礎コマンド(第1回) TeraTermログイン・pwd・cd

初めてLinuxを触る人向けにTeraTermのログイン方法からコマンドを入力する方法まで数回にわたり解説していきます。本記事はその第1弾です。 (0)目次&概説 >(1) Linuxのディレクトリ構 …

Linuxサーバ(CentOS6)にOracleDB11gをインストールする(その4)_★IT0016/★IT0017

掲題の通り、LinuxにOracleDB(11g)をインストールする方法について書きます。 「(その3)」の続編記事です。 http://rainbow-engine.com/2017/05/05/l …

WordPressでパーマリンク設定変更の際、新URLにリダイレクトさせる為の設定方法

表題の内容について備忘メモを書きます。 ■目次  >>1.旧ページのURLを控える  >>2.リダイレクトの設定をする(.htaccessの編集)  >>3.パーマ …

Linux:定期的に再起動するスクリプト

定期的にリブートするシェルスクリプトの作成について。 1.usr/bin の直下にreboot.shを作成 cd /usr/bin vi reboot.sh 2.以下のコマンドを記述 …

Top