Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

IT技術 (Technology)

AWSの始め方(アカウントの作成からPythonでS3バケット操作まで)

投稿日:2023年7月18日 更新日:

 

<目次>

(1) AWSの始め方(アカウントの作成からPythonでS3バケット操作まで)
 (1-0) やりたいこと
 (1-1) STEP1:AWSアカウントを作成する
 (1-2) STEP2:AWSコンソールにアクセスする
 (1-3) STEP3:IAMユーザーの作成&ログイン
 (1-4) STEP4:AWSサービスを構成する
 (1-5) STEP5:AWSサービスを使用する

(1) AWSの始め方(アカウントの作成からPythonでS3バケット操作まで)

(1-0) やりたいこと

・AWSのアカウントを作る
・試しにS3バケットを作ってみて、Pythonでデータを格納してみる
(※注意)
全般的に「素早く疎通」する事を目的にしており、ベストプラクティスから外れている部分もあるかと思いますが、その点認識した上でご覧ください。

(1-1) STEP1:AWSアカウントを作成する

・①AWSのWebサイトにアクセスして、新しいアカウントを作成。
・②作成完了
(図111)

(1-2) STEP2:AWSコンソールにアクセスする

AWSコンソールにログインし、利用可能なAWSサービスにアクセスできます。
・①初回はアカウント作成時に設定した「ルートユーザー」でログイン
(図112)
(図113)

・②AWSコンソールが表示される
(図114)
(補足)

ルートユーザー ・アカウント作成時に自動作成される
・最高権限(全リソースにアクセスできる)
・セキュリティのため、定常利用はIAMユーザーを作成する
IAMユーザー ・AWSアカウント内に複数っ売れる
・リソースアクセス用の個別アカウント
・リソースに対して権限を設定する
・独自のアクセスキー/シークレットキー

目次にもどる

(1-3) STEP3:IAMユーザーの作成&ログイン

作り方は大きく4通り。今回は「a.管理コンソールから」を紹介します。
a.管理コンソールから
b.CLIから(コマンドプロンプトやターミナル)
c.PowerShell
d.API経由

●STEP3-1:IAMユーザーの作成

・①検索ボックスから「IAM」を検索
(図121)
・②「ユーザー」
(図122)
・③「ユーザーを追加」
(図123)
・④必要情報を入力
↓は一例です。今回はアクセスキーを用いてAPIアクセスなども行いたく「IAMユーザーを作成します」のオプションを選択。
(図124①)
(図124②)
・⑤ユーザーの認可設定を選択
→今回は疎通のため一旦AdministratorAccessを付与(本来は適切な範囲に絞る)
(図125)
・⑥「ユーザーの作成」
(図126)
・⑦作成完了
(図127)

●STEP3-2:IAMユーザーでログイン

・①作成完了画面の「コンソールサインインURL」を入力
(例)https://442227351506.signin.aws.amazon.com/console
→アカウントID(12桁)が自動表示される
・②ログイン
(図131)

(1-4) STEP4:AWSサービスを構成する

AWSコンソールから使用したいAWSサービスを検索し、必要情報を設定してリソースを作る。
→今回はAmazon S3の例。

●STEP4-1:リソースの作成

・①検索
(図211)

・②作成
(図212)
・③「バケット名」を入力し、後はでデフォルトで作成
(図213①)
(図213②)

(1-5) STEP5:AWSサービスを使用する

S3バケットはストレージなので、何かデータを格納・取り出しして使います。以下はPythonプログラムで適当なcsvを格納する例です。

●STEP5-1:IAMのACCESS_KEYとSECRET_KEYを取得

・①「IAM」→左メニュー「ユーザー」→該当ユーザー選択→「セキュリティ認証情報」→「アクセスキー」→「アクセスキーの作成」
(図221)
・②「AWSの外部で実行されるアプリケーション」を選択し「次へ」
(図222)
・③タグを入力して「アクセスキーを作成」を押下
(図223)
・④アクセスキーとシークレットキーを控える(※1回しか表示されないため注意)
(図224)

●STEP5-2:Pythonパッケージのインストール

> pip install boto3
(図311)

●STEP5-3:Pythonプログラムの実行

(サンプルプログラム)
import boto3

s3 = boto3.client(
    's3',
    aws_access_key_id='xxxxxx',
    aws_secret_access_key='xxxxxxx'
)

with open('[ファイル名].txt', 'rb') as f:
    s3.put_object(Bucket='[バケット名]', Key='[ファイル名].txt', Body=f)

(図321)

・S3バケットにファイルがアップロードされた
(図322)

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-IT技術 (Technology)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

C#でテキストファイルを読み込む方法(サンプルプログラム付き)

  <目次> (1) C#でテキストファイルを読み込む方法(サンプルプログラム付き)  (1-1) 構文  (1-2) 事前準備  (1-3) サンプルプログラム  (1-4) ご参考:使用 …

USBブートのやり方(Windows 10)と起動しない時の確認項目について

  <目次> (1) USBブートのやり方(Windows 10)と起動しない時の確認項目について  (1-1) USBブートとは?  (1-2) USBブートのやり方(手順)  (1-3) …

OutlookからSlackにメールを転送する方法について

  <目次> (1) OutlookからSlackにメールを転送する方法について  (1-1) 方法1  (1-2) 方法2(Gmailの例)  (1-3) 方法3  (1-4) 方法4 ( …

no image

P2P(Procure to Payment)とは?概要や流れをご紹介

  <目次> (1) P2P(Procure to Payment)とは?概要や流れをご紹介  (1-1) 概要  (1-2) 流れ   ●①必要性チェック(Indentify Needs) …

シーケンス図の書き方やサンプルのご紹介(内部設計)

  <目次> (1) シーケンス図の書き方やサンプルのご紹介(内部設計)  (1-1) シーケンス図を作る目的  (1-2) シーケンス図の書き方  (1-3) ご参考:縦軸の単位について …

  • English (United States)
  • 日本語
Top