Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

IT技術 (Technology)

エピック/ユーザーストーリー/フィーチャーの違いや特徴について

投稿日:2022年4月18日 更新日:

 

<目次>

(1) エピック/ユーザーストーリー/フィーチャーの違いや特徴について
 (1-1) エピック(Epic)とは?
 (1-2) フィーチャー(Feature)とは?
 (1-3) ユーザーストーリー(User Story)とは?
 (1-4) タスク(Task)とは?
 (1-5) (例1)Epic ⇒ Feature ⇒ User Story ⇒ Taskの分解例
 (1-6) (例2)Epic ⇒ User Story ⇒ Taskの分解例
 (1-7) 補足事項

(1) エピック/ユーザーストーリー/フィーチャーの違いや特徴について

「エピック(Epic)」、「ユーザーストーリー(User Story)」、「フィーチャー(Feature)」はいずれも、アジャイル開発のスクラム方式における、ワークアイテムの単位(≒要件や仕様の粒度)の単位です。
 
(図111)

本記事では、それぞれがどういった単位なのか?をご紹介します。
 
が、各項目の説明に入る前に、それぞれの関連性について簡単に触れておきます。(図111)にあるように「Epic」「Feature」「User Story」「Task」には次のような関係性があるため、以降は最上位である「Epic」から順番にご紹介していきます。
 
(関係性)
Epic(エピック)
*┗Features(フィーチャー)
**┗User Story(ユーザーストーリー)
***┗Task(タスク)
 

(1-1) エピック(Epic)とは?

スクラムの作業階層の最上位の単位で、組織が目指す大きなゴールのようなものです。
 
ユーザーストーリーの内、まだ詳細化されていなかったり、非常に大きな塊だったり、不明瞭な部分があったりで設計・実装に着手できないもの。Epicはより細分化して優先度をつけていきます。
 
(図121)

●Epicの基準(ふわっと)

・「事業活動」と表現するレベルの規模間か?
・単一のスプリントでは実現不可
・詳細が不明瞭な部分がある
・更に分解しないとタスクとして落とせない

●Epicの例

・銀行として、生命保険や健康保険のサービスを提供する事で、ビジネスを拡張したい
・マーケティング部門として、より多くの顧客にアプローチできるような、対話的なアプリを導入したい。
など「顧客満足度向上」や「アプリ提供」といった大きな事業活動単位のイメージです。
 

(1-2) フィーチャー(Feature)とは?

「Epic」を実現するために必要な「ソフトウェアの機能(≒コンポーネント=部品)」を「Features」と呼びます。「Features」はリリース可能な単位にします。そのため、「Features」はリリースノートの単位にもなります。
 
(図131)

●Featuresの基準(ふわっと)

・リリース可能な単位になっているか?
 →厳密にはユーザーストーリーマッピングの「MVP(Minimum Variable Product)」なのでFeatureとは限らない
・XXX機能と呼ぶような単位になっているか?
・機能一覧の明細程度の単位になっているか?

●Featuresの例

・アプリに「ショッピングカート機能」を追加したい
・アプリを新しいデザインのUI(画面)にする
 

(1-3) ユーザーストーリー(User Story)とは?

要件を示した短い文章です。エンドユーザー視点で書かれており、よくある形式では「XXXX(役割や状況)として、YYYYYがしたい(機能要件)」のような形で表現されます。

(図141)

●User Storyの基準(ふわっと)

・作業ボリュームの見積り(Estimate)ができるか?
・「XXXX(役割=Whoや状況)として、YYYYYがしたい(機能要件=What)」の形で表現できるか?
→もっと言うと5W1Hが明確だと尚よいです。なぜ(Why)やどのような処理で(How)等も定義する
・WBSの大区分程度の単位になっているか?
・受入条件(Acceptance Criteria)が明確になっているか?
→これは非常に大事な点です。「何をもって完了とするか?」を明確にしておく事で、テストケースも作りやすくなります。

●User Storyの例(POSTのRest APIの例)

・POSTを投げたら、該当テーブルを更新してレコードを1件追加する
・POSTパラメーターにキーを1つ指定して、該当レコードを正常に更新できる
・POSTパラメーターを複数指定して、該当レコードが正常に更新できる
・POSTリクエストで複数レコードを更新できる

→これはかなり細かい例ですが、User Storyの粒度は細かくすればする程、見積りし易くなる&持ち越しが少なくなり管理しやすい。しかし、細かくし過ぎるとエンドユーザー観点での価値が分かり辛くなるため、この辺は臨機応変に。

(1-4) タスク(Task)とは?

ユーザーストーリーを更に分解して、作業単位に落としたものです。

(図151)

●Taskの基準(ふわっと)

・基本は数時間のボリューム(多くても12時間)
・WBSのタスク相当の明細単位になっているか?

目次にもどる

(1-5) (例1)Epic ⇒ Feature ⇒ User Story ⇒ Taskの分解例

実際に1つのEpicからFeature、User Story、Taskへと分解されていく例をご紹介します。

●Epic

・顧客として、効率的な買い物をしたい

●Features

・顧客として、必要なものを後で思い出せるように、「リマインダーリスト」機能が欲しい

●User Stories

・顧客として、必要なものを後で思い出せるように、「リマインダーリスト」にアイテムを登録できるようにしてほしい
・顧客として、リストを見ながら買い物が出来るように、「リマインダーリスト」を参照できるようにしてほしい

●Tasks

・各商品のページに、「リマインダーリスト」ボタンを追加する
・「リマインダーリスト」にデータを登録するためのDBテーブルを追加する
・「リマインダーリスト」の明細を一覧表示する画面を作成する
・ホーム画面に「リマインダーリストを参照」ボタンを追加する

目次にもどる

(1-6) (例2)Epic ⇒ User Story ⇒ Taskの分解例

●Epic(エピック)

私は膝を痛めているので、職場環境を改善して、他者に頼らずに済むようにしたい。

●User Story(ユーザーストーリー)

・私は膝を痛めているで、行く場所はなるべく緩やかなスロープを付けてほしい
・私は膝を痛めているで、行く場所は椅子などの休憩スペースを充実させてほしい。

●Task(タスク)

・新しいスロープを設計
・スロープの設置場所を検討
・スロープの施工の手配

目次にもどる

(1-7) 補足

●補足:Doneの定義

・アイテムをDoneにするための条件で「リリースする為にやらねばならない」こと
・「テスト」や「レビュー」といった共通的なタスクは、「Doneの定義」の例である
・Acceptance Criteriaは「実現してほしいこと」で、そのアイテム固有の要件を満たすための達成条件を書く

●補足:Epicをクローズするタイミング

・サービスがなくなったり経営方針が変わったりするまでは、Epicは無くならないはず

●補足:非機能要件などはどうなる?

・非機能でも必ず目的があるはず。セキュリティなら例えば「ブランドイメージの維持」や「利用者の安心安全」など

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-IT技術 (Technology)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CORBA通信とは?概要やアーキテクチャについて

  <目次> (1) CORBA通信とは?概要やアーキテクチャについて  (1-1) CORBA通信とは?  (1-2) CORBAのアーキテクチャについて (1) CORBA通信とは?概要 …

Anaplanとは?コネクテッドプランニング(コンセプト)と絡めてご紹介

  <目次> (1) Anaplanとは?コネクテッドプランニング(コンセプト)と絡めてご紹介  (1-1) Anaplanとは?  (1-2) Anaplanで実現する「コネクテッドプラン …

非機能要件とは?を極力分かりやすくご紹介

  <目次> (1) 非機能要件とは?を極力分かりやすくご紹介  (1-1) 機能要件とは?(Functional Requirement)  (1-2) 非機能要件とは?(Non-Func …

画面設計の項目一覧の書き方とサンプルのご紹介

  <目次> (1) 画面設計の項目一覧の書き方とサンプルのご紹介  (1-1) 項目一覧とは?  (1-2) 項目一覧の書き方は?  (1-3) 項目一覧のサンプル (1) 画面設計の項目 …

Azure App ServiceにVisual Studioからデプロイを行う方法

  <目次> (1) Azure App ServiceにVisual Studioからデプロイを行う方法  (1-0) STEP0:前提条件  (1-1) STEP1:Visual Stu …

  • English (United States)
  • 日本語
Top