Rainbow Planet

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

VisualStudio

Visual Studio Communityのインストール方法+後からワークロードを追加する方法も紹介

投稿日:2020年8月8日 更新日:

<目次>

(1) Visual Studio Communityのインストール方法
 (1-1) 目的
 (1-2) 前提条件
(2) インストール手順
 (2-1) 資源のダウンロード
 (2-2) 資源のサーバへの配備
 (2-3) インストールの実施
 (2-4) サインイン
(3) ワークロードを後から追加する手順

(1) Visual Studio Communityのインストール方法

①当記事ではVisual Studioを始めて導入する方に向けてインストールの手順を紹介します。
②後からワークロードを追加インストールする方法も紹介します。

目次にもどる

(2) インストール手順

(2-1) 資源のダウンロード

①下記サイトにアクセスして資源をダウンロードします。
https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/

②選択画面にてバージョンを選択します。
今回はCommunity版をインストールするので、選択画面でCommunityを選択します。

③「vs_community__NNNNNN.exe」のような名前のファイルがダウンロードされます。

目次にもどる

(2-2) 資源のサーバへの配備

①ダウンロードした資源をサーバの任意の場所へ配備します。

目次にもどる

(2-3) インストールの実施

①インストーラを起動します。その際に管理者のパスワードを求められたら入力します。

②ライセンス条項に関するポップアップが出るので、OKなら「続行」します。

③インストール内容を選択する画面が出るので、必要なコンポーネントを選択して「インストール」を押下します。

④インストールの実施
ワークロードのダウンロード等が行われる間、少し待ちになります。

⑤インストールの完了後、再起動を行います。

目次にもどる

(2-4) サインイン

①インストール後にVisual Studioを起動すると「ようこそ」と書かれたウィンドウが表示されるので「サインイン」を押します。
(※注)下記は評価期間終了後のウィンドウのため実際とは異なります。ライセンス認証をしないと試用期間30日間しか使用できず、それを過ぎると下記ウィンドウが表示されて認証しないと利用できなくなります。

②Microsoftのアカウントでサインインします。

↓アカウント情報を確認します。

目次にもどる

(3) ワークロードを後から追加する手順

①Visual Studio Installerを起動します。

②インストール済のタブから「Visual Studio」の「詳細」メニューから「変更」を選択します。

③インストール時のワークロード選択と似た画面になるため、そこで追加したいワークロードを選択し、右下のインストールボタンを押下します。
↓インストールが実行されます。

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-VisualStudio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

VisualStudioでAndroidエミュレータ起動時に「Incompatible HAX module version 3,requires minimum version 4」が出た時の対処

<目次> (1) VisualStudioでAndroidエミュレータ起動時に「Incompatible HAX module version 3,requires minimum version 4 …

  • English (United States)
  • 日本語
Top