Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

GitHub VisualStudio

Visual StudioとGitHubを連携させる方法(VSのプロジェクトをGit Hubに新規登録)

投稿日:

 

<目次>

(1) Visual StudioとGitHubを連携させる方法(VSのプロジェクトをGit Hubに新規登録)
 (1-1) はじめに
 (1-2) Visual StudioとGitHubを連携手順
   ●STEP0:前提条件
   ●STEP1:Visual Studioでプロジェクトを作成する
   ●STEP2:GitHub上にリモートリポジトリを作成
   ●STEP3:GitHub上にリモートリポジトリにVisual Studioの資源を反映

(1) Visual StudioとGitHubを連携させる方法(VSのプロジェクトをGit Hubに新規登録)

(1-1) はじめに

本記事ではVisual StudioとGitHubの連携という事で、Visual Studio上にあるGit Hub未登録のプロジェクトをGit Hub上に新規登録する流れの中で、Visual StudioとGit Hubの連携を疎通させる方法をご紹介します。
 
(全体像)
全体像は次の図の通りで、まず最初にVisual Studio上のローカルのプロジェクトに対応する、GitHubのリモートリポジトリを作成します。
 
(図110)リポジトリ作成
そして次に、作成したリポジトリに対して資源の登録を行います。
(図120)資産のコミット
 

(1-2) Visual StudioとGitHubを連携手順

●STEP0:前提条件

①Visual Studioをインストール済み
②GitHubのアカウントを作成済み

●STEP1:Visual Studioでプロジェクトを作成する

プロジェクトの内容は何でも構いません(コンソールアプリでも、ASP.NET Webアプリケーションでも何でも)。初めて操作する方は下記記事を参考に1つ作ってみて下さい。「ASP.NET Webアプリケーション」が選択できない場合は別のテンプレートでも構いません。
 
 
次からが手元のプロジェクトをGit Hubに登録するための手順になります。
 

●STEP2:GitHub上にリモートリポジトリを作成

STEP2では、先程作成したプロジェクト用のリモートリポジトリをGitHub上に登録します。STEP2を終えると次の図のような状態になります。
 
(図110)
 
・①「ファイル」メニュー⇒「ソース管理に追加」(Add to Source Control)を押下
これにより、このプロジェクトにVisual Studioのバージョン管理が適用されます。
 
(図111)※右下にも同じボタンが付いているのでどちらでもOKです。
 
・②「Team Explorer」を開く
「表示」⇒「チームエクスプローラー」を押下
(図112)
 
(補足)
チームエクスプローラーはVisual Studio Team Services(VSTS)と呼ばれ、新しく導入されたクラウドベースの「バージョン管理機能」です。GitHubといったリポジトリに接続する事ができます。
 
・③「同期」ボタンを押下
「同期」は変更をGitの「ローカルリポジトリ」や「リモートリポジトリ」との間の各種処理(同期、フェッチ、プル、プッシュ)するためのメニューです。今回はこのうちの同期(プル+プッシュ)を使っていきます。
 
(図113)①
 
(参考)各メニューの概要
一度プロジェクトをGitHubと同期させると、以降は次のようなメニューの画面が出てきます。
 
(図113)②
 
各操作(同期、フェッチ、プル、プッシュ)の概要は過ぎの通りです・
(表)
●ボタン ●対応するGitコマンド
同期(sync) 同期は以下の両方を実施します。
git pull
リモート⇒ローカルへ資源をダウンロード
git push
ローカル⇒リモートへ資源をアップロード
フェッチ(fetch) git fetch
リモート⇒ローカルへ最新のメタデータをダウンロード(差分のチェック的な)
プル(pull) git pull
リモート⇒ローカルへ資源をダウンロード
プッシュ(push) git push
ローカル⇒リモートへ資源をアップロード
・④「Publish to GitHub」を押下します。
(図114)
 
 
・⑤GitHubアカウントでサインイン&連携
ご自身のGitHubアカウントでサインインします。もし正しいID/Passを入力しているのにうまく行かない場合、その下にある「Sign in with your browser」をお試し下さい。
 
(図115)①

(図115)②ブラウザからサインイン

・Authorize Visual Studioの画面が出たら緑色の「Authorize github」ボタンを押下して連携を完了します。
(図115)③
 
・⑥リモートリポジトリ(GitHub)へのプッシュの実行
プッシュ先の条件を下記の通り指定して「Publish」を押下します。
(表)
・「GitHub」を選択
・ご自身のGitHubユーザ名を選択
・リモートリポジトリ作成対象のプロジェクト名
・説明文(任意)
(図116)
 
・⑦リモートリポジトリ作成完了
GitHubにログインし、リポジトリが作成されたかどうかを確認します。
 
(図117)リモートリポジトリが作成された
 
しかし、まだソース自体は未登録のため、次のSTEPでソースも登録します。
(図118)ソースはまだ未登録
 
この時点で「同期」により最新になっているので、例えば「プル(pull)」ボタンを押しても「Repository is already up to date. No changes to pull.」のメッセージが表示されるはずです。
 
(図119)
 
 

●STEP3:GitHub上にリモートリポジトリにVisual Studioの資源を反映

次に先ほど作成したGitHubのリモートリポジトリに対して、資源を登録していきます。
 
(図120)
 
・①「チームエクスプローラー」のプルダウンから「変更」メニューを開きます。
(図121)
 
・②コミットと紐付ける「名前」と「パスワード」を記録します。
(図122)
 
・③ローカルリポジトリに対してコミット
コミットしたい資産が「ステージングされている変更」に表示されている事を確認します。OKならコミットメッセージを入力して「ステージング済みをコミット」を押下します。
(図123)

完了すると次のようなメッセージが表示されます。「XXXXのコミットがローカルで作成されました。変更をサーバと共有するには同期を押してください。」
 
(図124)
 
・④リモートリポジトリ(GitHub)に対してプッシュ
「チームエクスプローラー」のプルダウンで「同期」を選択して「出力方向のコミット」で「プッシュ」を選択します。
(図125)
「正常にプッシュされました」のメッセージを確認します。
(図126)
 
・⑤完了
ステージングされていた変更がGitHub上にも反映されている事を確認します。
 
(図127)

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-GitHub, VisualStudio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Visual Studio Communityのインストール方法+後からワークロードを追加する方法も紹介

<目次> (1) Visual Studio Communityのインストール方法  (1-1) 目的  (1-2) 前提条件 (2) インストール手順  (2-1) 資源のダウンロード  (2-2) …

VisualStudioでAndroidエミュレータ起動時に「Incompatible HAX module version 3,requires minimum version 4」が出た時の対処

<目次> (1) VisualStudioでAndroidエミュレータ起動時に「Incompatible HAX module version 3,requires minimum version 4 …

GitHubからEclipseにリポジトリのクローンをする手順について

本記事ではGitHubからEclipseにリポジトリのクローン(ローカルにコピー)をして、ご自身のEclipse上でそのクローンを編集できるようにする方法についてご紹介します。 <目次> (1) Gi …

GitHubにEclipseの既存プロジェクトを登録(コミット+プッシュ)する手順

  <目次> (1) GitHubにEclipseの既存プロジェクトを登録(コミット+プッシュ)する手順  (1-1) STEP0:前提条件  (1-2) STEP1:Javaプロジェクトを …

GitHubのアカウント作成の手順と初期設定をご紹介

  <目次> (1) GitHubのアカウント作成の手順と初期設定をご紹介  (1-1) STEP1:GitHubアカウント作成  (1-2) STEP2:SSH Keyの設定 (1) Gi …

  • English (United States)
  • 日本語
Top