Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Linux

yum groupinstallで「Warning: Group development does not have any packages to install.」が出た時の対応

投稿日:2021年8月23日 更新日:

<目次>

(1) yum groupinstallで「Warning: Group development does not have any packages to install.」が出た時の対応
 (1-1) 発生状況
 (1-2) 原因
 (1-3) 対応

(1) yum groupinstallで「Warning: Group development does not have any packages to install.」が出た時の対応

本記事では「yum groupinstall」コマンドにてインストールを実行しようとした時に、タイトルのメッセージが表示され、インストールが進まない事象の原因や対処方法についてご紹介します。

(1-1) 発生状況

まず、問題となったコマンドは次の通りです。「Development Tools」はC++のコンパイラ等を含む開発用のツール群です。
 
(問題コマンド)
sudo yum groupinstall "Development Tools"
 
(図111)
 
上記コマンドを実行した結果、次のような警告が出ました。
(エラーメッセージ)
Loaded plugins: fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
Warning: Group development does not have any packages to install.
Maybe run: yum groups mark install (see man yum)
No packages in any requested group available to install or update

 

(図112)

ちなみに「yum grouplist」コマンドで確認すると「Available Groups」の中に「Development Tools」が表示されているので、インストール可能な対象に入っている事が確認できます。

Available Groups:
   Cinnamon
   Compatibility Libraries
   Console Internet Tools
   Development Tools

 

(図113)

目次にもどる

(1-2) 原因

下記のRedHatのサイトによると、CentOS7からの仕様変更?でyum groupinstallでは必須のパッケージのみがインスールされる挙動なのに対して、「Development Tools」のようなオプションパッケージを含むインスールを実行しようとしていたために失敗していました。
 

(1-3) 対応

対応として、オプションパッケージを含むインストールを実施するために、yum groupinstallにオプションを追記して、明示的にオプション(optional)のパッケージも対象に含めるように指示する必要があります。
 
使用するのは「–setopt」オプションでyumの設定に対してオプション機能を付与するために使用します。具体的には「–setopt=[オプションの種類]=[オプションの値]」で指定します。
 
今回はパッケージの種類を指定する「group_package_types」オプションを指定し、値はオプションも含まれるように「mandatory,default,optional」とします。
 
・①修正コマンドの実行
(修正コマンド)
sudo yum groupinstall "Development Tools" --setopt=group_package_types=mandatory,default,optional

 

(図131)

・②インストールを進める
「Is this ok [y/d/N]」が出たら「y」を押して先に進めます。
 
(図132)

・③インストールの完了
「Complete!」が表示されたら完了です。
(図133)

・④インストール後のチェック
再びグループの状況をチェックするコマンドで「Development Tools」がインストールされている事を確認します。
 
$ yum grouplist

(図134)

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CentOS6で「Cannot find a valid baseurl for repo」が発生した時の対処方法について

<目次> (1) CentOS6で「Cannot find a valid baseurl for repo」が発生した時の対処方法について  (1-1) 発生状況・エラーメッセージ  (1-2) 原 …

Linuxでアプリケーションサーバを構築する手順の例

<目次> (1) Linuxでアプリケーションサーバを構築する手順の例  (1-1) APサーバの全体像  (1-2) APサーバの構築手順  (1-3) 各手順のURL (1) Linuxでアプリケ …

CentOS6にVNCServerでリモート接続して日本語入力を可能にする方法

(0)目次&概説 (1) 記事の目的 (2) 日本語化の対応手順  (2-1) ibus系のインストール  (2-2) dbusインストール+エラー回避  (2-3) mocz系パッケージのインストー …

CentOS7で日本語が文字化けした時の対処方法(SSH接続の場合)

<目次> (1) CentOS7で日本語が文字化けした時の対処方法(SSH接続の場合)  (1-1) 発生状況・エラーメッセージ  (1-2) 原因  (1-3) 対処法 (1) CentOS7で日本 …

C++をLinuxでコンパイルする方法について

  <目次> (1) C++をLinuxでコンパイルする方法について  (1-1) STEP0:【事前準備】ターミナル機能の準備(ターミナル、Teraterm、Putty)  (1-2) S …

  • English (United States)
  • 日本語
Top