Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

GitHub

GitHubの使い方を開発者向けにご紹介

投稿日:2022年10月2日 更新日:

 

<目次>

(1) GitHubの使い方を開発者向けにご紹介
 (1-1) 目的と概要
 (1-2) 開発者の操作手順

(1) GitHubの使い方を開発者向けにご紹介

(1-1) 目的と概要

GitHubの基本的な使い方について開発者に向けて紹介します。
(主な対象処理)
・git clone
・git checkout
・git add
・git commit
・git push
(図100)

(1-2) シーン1:開発者の操作手順

●STEP0:前提事項

 

●STEP1:ローカル開発用のフォルダを用意

⇒このフォルダを、これから開発を行うローカルリポジトリの場所にします

・①任意の場所で開発用フォルダを作成
(図122①)

●STEP2:リモートリポジトリの「クローン」用のURLをコピーする(次で使用)

 
URL:https://github.com/[ユーザー名]/[リポジトリ名]
 
(図122②)

●STEP3:リモートリポジトリをローカルに「クローン」(git clone)する

⇒「ローカルリポジトリ」を作成する行為です
 
・①コマンド実行
(コマンド)
> git clone [クローン用URL]
 
(図122③)
・②ログイン
(図122④)
(図122⑤)
(図122⑥)

(図122⑦)

(図122⑧)
・③内容確認
(図122⑨)

●STEP4:ブランチを切る(git checkout -b)

masterは最終的なプログラムを保持するブランチです。これから開発するものは、masterとは別に専用のブランチを切ります。
・①ブランチの作成
下記のコマンドでブランチ作成とチェックアウト(資産の借用)を一気に行えます。
(コマンド)
> git checkout -b [ブランチ名]
(図123①)
・②ブランチの確認
(コマンド)
> git branch --show-current
 
(図123②)
(備考)
・ブランチ名は修正の内容が分かるような簡潔な名前にします。
・(例)[チケット番号]_[チケット名] ⇒ 16520_ショッピングカートの一覧確認機能の追加
 

●STEP5:ローカルでソース修正

 
(図124①)

●STEP6:ローカルリポジトリにファイルを「追加」(git add)

もしも新規にファイルを追加した場合は、コミットする前に先に「git add」コマンドで追加処理をする事で、コミット対象として含まれます。
 
・①追加の実行
(コマンド)
> git add [ファイル名]
または、全部上げたい場合は
> git add -A]
 
(図124②)
 
・②追加の確認
(コマンド)
> git commit -v
 
(図124③)新規追加したファイルを確認

●STEP7:ローカルリポジトリに「コミット」(git commit)

まずはローカルリポジトリにコミット(変更を反映)します。この時点ではまだサーバーにはアップロードされていません。
 
・①コミットの実行
(コマンド)
> git commit -am "[コミットメッセージ]"
 
・「-m」:コミットメッセージを付与
・「-a」:変更されたファイル(新規を除く)をインデックスに追加してコミット
 
(図125①)
・②結果確認
(コマンド)
> git log
⇒コミットの履歴が確認できます。
 
(図125②)

●STEP8:リモートリポジトリに「プッシュ」(git push)

プッシュする事で、リモートリポジトリにも変更が反映されます。
 
・①プッシュの実行
 
(コマンド)構文
> git push [リモートリポジトリのURL] [ブランチ]
(コマンド)例
> git push https://github.com/XXXX/deep-learning 20220610_testbranch
 
(図126①)
・②結果確認
リモートリポジトリにもアップロードされている事が確認できた。
 
(図126②)

●STEP9:プルリクエストを申請(レビュー依頼)

 ⇒(手順)GitHubのプルリクエストとは?開発者とレビュー者の双方の操作手順をご紹介(★)
 

●STEP10:masterブランチへの統合(git merge)

レビューに通ったら、最後にmasterブランチにご自身の修正を反映します。
 
・①masterブランチに移動
 
(コマンド)
> git checkout [マスターブランチ名]
> git branch --show-current
 
(図127①)
・②ブランチをローカル上のmasterにマージ(git merge)
 
(コマンド)
> git merge [取り込みたいブランチ]
 
(図127②)
・③リモートリポジトリにもプッシュ(git push)
 
(図127③)
・④結果確認
「20220610_testbranch」ブランチの内容が「main」に反映されたことを確認。
 
(図127④)

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-GitHub
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Visual StudioとGitHubを連携させる方法(VSのプロジェクトをGit Hubに新規登録)

  <目次> (1) Visual StudioとGitHubを連携させる方法(VSのプロジェクトをGit Hubに新規登録)  (1-1) はじめに  (1-2) Visual Studi …

GitHubのWebAPIをコールしてユーザー情報を取得するサンプルプログラムの解説+エラー対応も2例紹介

(0)目次&概説 (1) 目的  (1-1) 記事の目的 (2) APIの概要  (2-1) APIとは?  (2-2) Web APIとは?  (2-3) Web APIの様々な呼び方   (2-3 …

GitHubで「remote: Permission to XXXX denied to XXXX.」エラーが出る原因と対処

  <目次> (1) GitHubで「remote: Permission to XXXX denied to XXXX.」エラーが出る原因と対処  (1-1) エラー事象1:Support …

GitHubからEclipseにリポジトリのクローンをする手順について

本記事ではGitHubからEclipseにリポジトリのクローン(ローカルにコピー)をして、ご自身のEclipse上でそのクローンを編集できるようにする方法についてご紹介します。 <目次> (1) Gi …

GitHubのプルリクエスト(Pull Request)とは?開発者とレビュー者の双方の操作手順をご紹介

  <目次> (1) GitHubのプルリクエスト(Pull Request)とは?開発者とレビュー者の双方の操作手順をご紹介  (1-1) はじめに:プルリクエスト(Pull Reques …

  • English (United States)
  • 日本語
Top