Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Java JSP/Servlet

エラー「Project ‘XXXX’ is missing required library: ‘XXXX.jar’」の原因と対処法

投稿日:2020年10月24日 更新日:

<目次>

(1) エラー「Project ‘XXXX’ is missing required library: ‘XXXX.jar’」の原因と対処法
 (1-1) エラー概要
 (1-2) エラー原因
 (1-3) エラー対処

(1) エラー「Project ‘XXXX’ is missing required library: ‘XXXX.jar’」の原因と対処法

(1-1) エラー概要

Eclipseの動的WebProjectを環境A(エクスポート)⇒環境B(インポート)する際に、いくつかのjarファイルがエラーになっており、次のエラーメッセージが出力されていました。

(エラーメッセージ)

Project '[ProjectName]' is missing required library: 'XXXX.jar'
Unbound class path container: 'JRE System Library [jdk1.8.0_231-amd64]' in project 'UtilComponents'
The project cannot be built until build path errors are resolved
The project was not build since it depends on [ProjectName], which has build path errors

(参考)エクスポート手順
https://rainbow-engine.com/eclipse-export-javaproject/

エラーメッセージからは「ビルドパス」に関する問題が発生している事が読み取れます。
ビルドパスはJavaをコンパイルしてプロジェクトをビルドする際の「依存関係」を解決するための情報で、具体的な内容は「ソースコード」やプロジェクトに付随する「Jarやclassesフォルダ」の内容や、外部ライブラリ等になります。

(図111)

目次にもどる

(1-2) エラー原因

原因は上でも触れました、jarファイルが何らかの理由で正常にエクスポートされず、インポート先で存在していないためです。
正常にエクスポートされなかった原因については、jarファイルを配置するディレクトリが良くなかったのでは?と推定されます。
その根拠として、正常にエクスポートされたjar(ojdbc6.jar)等はプロジェクト名のディレクトリ配下に配置されていますが、失敗したjarは全て「home/admin/ext-jar」など配下以外の関係ないパスにあったためです。

(図121)③

(図121)①

念のためエクスポート元のプロジェクトを確認しましたが、当然ながらエラーは起きていません(エクスポートのタイミングで資材に含まれなかったと考えるのが自然)。
(図121)②

目次にもどる

(1-3) エラー対処

ビルドパスのエラーを解消するために、不足していたjarファイルを所定のディレクトリに格納した状態で、再度プロジェクトをエクスポート&インポートする事でエラーが解消しました。
「所定のディレクトリ」は例では「eclipse-workspace配下」⇒「ご自身のプロジェクトフォルダ配下」⇒WebContent⇒WEB-INF⇒libになります。

(実際の手順)
①エラーとなったプロジェクトに「lib」フォルダがあるか?のチェック
例では、エラーとなったプロジェクトは「UtilComponents」という名称で、プロジェクトフォルダ配下には「lib」フォルダはありませんでしたので、次に新規作成をします。

/home/admin/eclipse-workspace/TennisDatabase/WebContent/WEB-INF/lib

(図131)①エラーとなったプロジェクトに「lib」フォルダはなし

②「lib」フォルダの作成
Eclipseからプロジェクトを右クリックして「New」⇒「Folder」を選択し、フォルダ名を付与して作成します。
(図131)②

③チェック
「lib」ディレクトリが追加された事の確認をします。

ls -la

(図131)③

④jarファイルの配置
作成したディレクトリに、不足していたjarファイルをコピーします。
(図131)④

⑤Eclipseでの反映確認
左ペインのプロジェクトツリー上にも、jarファイルが反映されたらOKです(反映されない場合は「右クリック」⇒「リフレッシュ」等を行うと良いかも知れません)。

(図131)⑤

ここまで出来たら、再度以下の手順に沿ってエクスポート&インポートすれば、エラーは起こらないはずです。
(参考)エクスポート手順
https://rainbow-engine.com/eclipse-export-javaproject/ 

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Java, JSP/Servlet

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JFreeChartの折れ線グラフ(LineChart)をより綺麗に見せるための11個のテクニック

(0)目次&概説 (1) 記事の目的 (2) LineChartの表示改善  (2-1)【線】線の太さを変更  (2-2)【線】各シリーズ(Series)毎に折れ線の色を設定  (2-3)【線】各シリ …

EclipseでJavaプロジェクトを別サーバにエクスポートする方法

(0)目次&概説 (1) プロジェクトのエクスポートの手順  (1-1) プロジェクトのエクスポート@転送元サーバ  (1-2) インポート先サーバへ転送  (1-3) プロジェクトのインポート@転送 …

Javaのスレッドとは?概念やサンプルプログラムのご紹介

  <目次> (1) Javaのスレッドとは?概念やサンプルプログラムのご紹介  (1-1) Javaのスレッドとは?  (1-2) 方法①:Threadクラス継承の構文  (1-3) 方法 …

オープンアドレス法をJavaで実装したプログラムのサンプルをご紹介

<目次> (1) オープンアドレス法をJavaで実装したプログラムのサンプルをご紹介  (1-1) オープンアドレス法とは  (1-2) Javaのサンプルプログラムの全体像  (1-3) Javaの …

JNDIとは?JDBCとの違いやメリット・デメリットについてもご紹介

<目次> (1) JNDIとは?JDBCとの違いやメリット・デメリットについてもご紹介  (1-1) JDBCとは?  (1-2) JNDIとは?   (1-2-1) 概要   (1-2-2) JND …

  • English (United States)
  • 日本語
Top