Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Azure Microsoft

Microsoft Azure Storage Explorerで「このテナントのリソースにアクセスできませんでした。再認証が必要な可能性があります。」が出た時の原因と対処

投稿日:2022年8月20日 更新日:

 

<目次>

(1) Microsoft Azure Storage Explorerで「このテナントのリソースにアクセスできませんでした。再認証が必要な可能性があります。」が出た時の原因と対処
 (1-1) 事象(エラーメッセージ)
 (1-2) 原因
 (1-3) 対策

(1) Microsoft Azure Storage Explorerで「このテナントのリソースにアクセスできませんでした。再認証が必要な可能性があります。」が出た時の原因と対処

(1-1) 事象(エラーメッセージ)

Microsoft Azure Storage Explorerで、自身のアカウントを使って認証をしようとした際に、下記のメッセージが出て認証が出来ませんでした。
 
(エラーメッセージ)
このテナントのリソースにアクセスできませんでした。再認証が必要な可能性があります。詳細については、エラーの詳細をご覧ください。
 
(図111)
 
エラーの詳細を確認すると、下記のようなメッセージが出ておりました。

(図112)

(エラーメッセージ)
{
  "message": "\"{\\n  \\\"name\\\": \\\"Error\\\",\\n  \\\"message\\\": \\\"getaddrinfo ENOTFOUND management.azure.com\\\",\\n  \\\"stack\\\": \\\"Error: getaddrinfo ENOTFOUND management.azure.com\\\\n    at __node_internal_captureLargerStackTrace (node:internal/errors:464:5)\\\\n    at __node_internal_ (node:internal/errors:686:10)\\\\n    at GetAddrInfoReqWrap.onlookup [as oncomplete] (node:dns:71:26)\\\",\\n  \\\"errno\\\": -3008,\\n  \\\"code\\\": \\\"ENOTFOUND\\\",\\n  \\\"syscall\\\": \\\"getaddrinfo\\\",\\n  \\\"hostname\\\": \\\"management.azure.com\\\"\\n}\""
}

(1-2) 原因

プロキシサーバの認証情報が設定されていないために、エラーになっている事が原因と考えられます。
 
ご自身の会社や学校でインターネットに接続する際に、プロキシサーバの認証を求められますでしょうか?もし、ブラウザで次のようなポップアップが出る場合は、これはプロキシサーバが仲介しており、その認証を求めているためです。
 
この場合は、次の「対策」にてご紹介する設定を行うと解消する可能性があります。
 
(図121)

(参考)Proxyの基本知識と確認コマンド~OSやブラウザ別の設定について
 

(1-3) 対策

プロキシの設定を行う事で解消する可能性があります。
 
・①「編集」→「プロキシの構成」を選択
(図131)
・②必要情報を入力して「OK」を押下
 
(表)
(項目) (説明)
ソース (概要)
・①環境変数を使用する
「HTTP_PROXY」や「HTTPS_PROXY」といった環境変数からプロキシ情報を探しにいく。

・②アプリ プロキシを利用する
今回使用する設定です。当アプリ内としてのプロキシ設定を行い、その設定値を使用します。

・③システムプロキシを使用する
OSとしてのプロキシ設定を行います。

(参考)
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/storage/common/storage-explorer-network

URL プロキシサーバのURL
ポート プロキシサーバのポート番号
ユーザー名 プロキシサーバに認証する際のご自身の「ID」
パスワード プロキシサーバに認証する際のご自身の「パスワード」

(図132)

 
※今回の例で「ソース」は「アプリ プロキシを利用する」を選択していますが、環境変数やOS設定で対応しても構いません
・③再度、エラー画面に戻り「今すぐ再認証」を押下します。
(図133)
・④左メニューの一番上のアイコン(目次のようなアイコン)を選択して、ご自身のサブスクリプションやストレージアカウントにアクセスできるか?を確認します。
 
(図134①)
(図134②)ご自身のストレージアカウントが正常に表示された
 

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Azure, Microsoft

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

OneDriveで複数のアカウントをエクスプローラー同期する手順

  <目次> (1) OneDriveで複数のアカウントをエクスプローラー同期する手順  (1-1) 前提事項  (1-2) 設定手順  (1-3) 余談(OneDriveの豆知識) (1) …

no image

Outlookで「代理人アクセス」が表示されない

  <目次> (1) Outlookで「代理人アクセス」が表示されない  (1-1) 事象概要  (1-2) 原因  (1-3) 対策(Gmailの例)  (1-4) 備考:「代理人アクセス …

ExcelでUTF-8のcsvを開く際に文字化けなく開く方法について

  <目次> (1) ExcelでUTF-8のcsvを開く際に文字化けなく開く方法について  (1-1) 事象・エラーメッセージ  (1-2) 原因  (1-3) 対策①  (1-4) 補足 …

Azureの「NSG」とは?概要と設定方法について

  <目次> (1) Azureの「NSG」とは?概要と設定方法について  (1-1) NSG(ネットワークセキュリティグループ)とは?  (1-2) NSGの設定内容について  (1-3) …

no image

FlaskアプリをAzure App Serviceにデプロイする手順

  <目次> (1) FlaskアプリをAzure App Serviceにデプロイする手順  やりたいこと  (1-0) 前提事項  (1-1) STEP1:Flaskアプリの準備  (1 …

  • English (United States)
  • 日本語
Top