Rainbow Planet (GT×IT×SP×SA)

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

01_IT技術 (Technology) 01_Linux

Linuxの”No space left on device”エラーの対処方法

投稿日:2017年5月5日 更新日:

(0)目次&概説

(1) 障害・不具合の概要
(2) 障害・不具合の原因
(3) 障害・不具合の対処

(1) 障害・不具合の概要

Linuxでファイルを作成した時などに”No space left on device error”というメッセージが出てしまい、ファイル操作全般が出来なくなっています。一例として下図は、zipを解凍の際に”No space left on device error”のエラーが出て処理できない状況です。

目次にもどる

(2) 障害・不具合の原因

この事象は”inode”の容量が限界を超えた際に発生する様です。”inode”はファイルやディレクトリの属性情報(作成者、グループ、作成日時、サイズなど)が書かれた領域のことで、この情報を用いてファイルシステムの管理を行います。つまりファイル数が肥大化して管理情報である”inode”の量が上限値に達した時に発生します。

以下コマンドでinodeの利用率を確認します。

df -i

表示結果を見ると「/」の直下が”inode”の使用率100%になっている事が分かります。

具体的にどのディレクトリがパンクしたかを調べるために、下記の様なコマンドを用いてディレクトリ毎の容量を確認します。

/* "--max-depth=1" : 集計するディレクトリの深さ(階層)を指定 */
/* "2> /dev/null" : 集計不可のディレクトリに関する結果行を排除 */
du -ah --max-depth=1 / 2> /dev/null

今回は下記ディレクトリに大量のlink-xxxファイルが生成されたため、inodeがパンクしました。

/tmp/orbit-admin

下記は生成されたソケットファイルの例です(別サーバの例)。

このlinc-xxxファイルはGNOMEのソケットファイルで、このファイルが意図せず大量に生成されるバグも2015年にRed Hat社のBugzillaにてBug1258459として報告されています。

目次にもどる

(3) 障害・不具合の対処

まずは緊急対処としてファイルを削除することを考えます。今回「/tmp/orbit-admin/」配下には不要は「linc-xxx」ファイル以外のファイルは無いため、「/tmp/orbit-admin/」配下のファイルを全て消すための下記コマンドを入力します。

/* (1)削除対象のファイルがあるディレクトリに移動 */
cd /tmp/orbit-admin
/* (2)削除コマンドの実行 */
/* xargs構文:[command#1] | xargs [command#2] */
ls ./ | xargs rm

(2)で使用している”xargs”は前半部コマンドの実行結果を引数にして、後半部コマンドを実行することが出来ます。今回の例では前半部の”ls ./”の結果が格納され、その結果を基に後半部の削除(rm)を実行しています。 “ls ./”には「/tmp/orbit-admin/」配下の全てのファイルがヒットするため、ソケットファイルが全て抽出されます。

rmコマンドは「rm [file#1] [file#2]…[file#n]」のように複数ファイルを指定できますが、数が膨大になる場合は1件ずつの記載が難しいため、xargsのように一括抽出・引数指定が必須になってきます。

また今回は手動削除での対応でしたが、理想的には自動での対処が望まれるため、今後は自動化のスクリプトを作成を検討します。

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-01_IT技術 (Technology), 01_Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linux:サーバ死活管理スクリプト

システム構築では「運用」の中で死活監視を行いますが、その概要と簡単なLinuxでの例を紹介します。 ●死活監視とは サーバーが止まらずに動いているか?のチェックを行うことです。 最も身近な死活チェック …

TomcatのURLに付くポート番号8080を非表示にしてドメイン名のみでサイトにアクセスする方法と手順

本記事で実現したい事は下記2点、①URLのポート番号・アプリ名を非表示(リバプロ)と②JSP/Servlet名非表示(web.xml)です。これらを実現する事でブラウザにドメイン名のみ(例:XXXX. …

JavaのJDBC接続でjava.sql.SQLRecoverableException: Closed Connectionが発生した時の解決メモ

(0)目次&概説 (1) エラー事象の概要  (1-1) エラーの発生状況  (1-2) エラーメッセージ全文 (2) エラーの原因 (3) エラーの対処方法  (3-1) エラーの修正内容  (3- …

Javaの動的Webプロジェクト作成での事前設定と雛形Webプロジェクト作成

「動的Webプロジェクト」とはHTMLのような静的ページのみならず、ServletやJSPを用いてWebアプリケーション開発をする際に作成します。本記事ではEclipseにて「動的Webプロジェクト」 …

Thumbs.dbが作られないように設定する方法(Windowsサーバー)

(0)目次&概説 (1) Thumbs.dbとは  (1-1) Thumbs.dbとは  (1-2) Thumbs.dbが作られるタイミング  (1-3) Thumbs.dbが作られる場所 (2) T …

  • English (United States)
  • 日本語
Top