Rainbow Planet

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

CentOS Linux

CentOS6で「Cannot find a valid baseurl for repo」が発生した時の対処方法について

投稿日:2021年2月11日 更新日:

<目次>

(1) CentOS6で「Cannot find a valid baseurl for repo」が発生した時の対処方法について
 (1-1) 発生状況・エラーメッセージ
 (1-2) 原因①・対策①
 (1-3) 原因②・対策②

(1) CentOS6で「Cannot find a valid baseurl for repo」が発生した時の対処方法について

(1-1) エラー概要

このエラーはCentOS6で「yum update」(パッケージのアップデート)のコマンドを実行した際に発生しました。

(エラーメッセージ)

エラー: Cannot find a valid baseurl for repo: base

(図111)

このエラーyumがパッケージを保持する「ベースリポジトリ」にアクセスが出来ない事を示唆しています。想定しうる原因としては以下のポイントが考えられます。

原因①:ネットワーク接続の問題
原因②:リポジトリ設定の問題

それぞれの原因について、具体的に見ていきます。

目次にもどる

(1-2) 原因①・対策①

(1-2-1) 原因①:ネットワーク接続の問題

①インターネット接続の有無チェック
ネットワーク接続に問題がある場合は、サーバがインターネットに接続されているか?を確認してみます。確認はgoogle等の適当なサイトにpingが通るか?でチェックします。

(コマンド)

# ping google.com
 
(コマンド実行結果)

PING google.com (172.217.24.142) 56(84) bytes of data.
64 bytes from nrt20s01-in-f142.1e100.net (172.217.24.142): icmp_seq=1 ttl=117 time=16.5 ms
64 bytes from nrt20s01-in-f142.1e100.net (172.217.24.142): icmp_seq=2 ttl=117 time=16.5 ms
~以下、省略~

(図121)

もし結果がインターネット接続エラーやDNSエラーの場合は、ネットワークインターフェイスの設定を確認していきます。ネットワークインターフェイスというのは、コンピュータとネットワークの相互接続点の事で、具体的には「NICカード」などがあります。NICというのは、ネットワーク接続するためのカードでLANの口が付いているアダプタです。

(図122)

②ネットワークインターフェイスの確認
以下のコマンドで確認を行います。
(コマンド)

ip add

(コマンド実行結果例)

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 9c:a3:ba:01:f5:51 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 153.126.201.91/23 brd 153.126.201.255 scope global eth0
3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN qlen 1000
    link/ether 9c:a3:ba:03:7b:f1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: eth2: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN qlen 1000
    link/ether 9c:a3:ba:05:02:91 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

(図123)

目次にもどる

(1-2-2) 対策①

ネットワークインターフェイスの設定ファイルは、以下のディレクトリに「ifcfg-eth0」や「ifcfg-lo」といった名前で格納されています。
/etc/sysconfig/network-scripts

(図124)

もしDNSの問題の場合は、ここにDNSのレコードを追加する事で解決する事があります(スミマセン、この記事では深くは触れません)。

・DNSレコードの追加
(例)

DNS1=XX.XX.XX.XX
DNS2=XX.XX.XX.XX
 
・NetworkManagerサービスを再起動
# systemctl restart NetworkManager

目次にもどる

(1-3) 原因②・対策②

(1-3-1) 原因②:リポジトリ設定の問題

もしDNSが正常動作しており、名前解決等も問題なく出来るようであれば、リポジトリの設定ファイルに問題がある可能性があります(後述するbaseのURLがコメントアウトされている)。

目次にもどる

(1-3-2) 対策②

①リポジトリファイルを開く
# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

(図131)

②baseurlの有効化
下記の「baseurl」の行をコメント解除します。コメント解除するためには、行の先頭の「#」を削除します。
(図132)ココです

(Before)
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os&infra=$infra
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/

(After)※「6.10」の箇所にはご自身のOSのバージョン番号で置き換えてください
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os&infra=$infra
baseurl=http://vault.centos.org/6.10/os/$basearch/
(図134)

(図133)再度yum updateにトライ 

 

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-CentOS, Linux

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linux:定期的に再起動するスクリプト

Linuxサーバーを定期的に再起動するスクリプトを紹介します。定期的に再起動するという処理はシステム構築においては、運用の中で定義される「死活監視」に関連してくる話になります。 ●シェルとは?シェルス …

Linuxのテキスト入力で日本語が文字化けした時の対処法と解説

Linuxのテキスト入力等で日本語が文字化けした時の対処方法を紹介します。 (0)目次&概説 (1) 障害・不具合の概要 (2) 文字化けの対処法 (3) 解説(文字コードについて) (1) 障害・不 …

Linux基礎コマンド(第3回) rm・cat・head・tail

初めてLinuxを触る人向けにTeraTermのログイン方法からコマンドを入力する方法まで数回にわたり解説していきます。本記事はその第3弾です!第1弾の記事はこちら(第1弾)で、第2弾の記事は こちら …

Linux:サーバ死活管理スクリプト

システム構築では「運用」の中で死活監視を行いますが、その概要と簡単なLinuxでの例を紹介します。 ●死活監視とは サーバーが止まらずに動いているか?のチェックを行うことです。 最も身近な死活チェック …

Linuxにおけるデーモンやサービスの意味や常用コマンドについて

(0)目次&概説 (1) 記事の目的  (1-1) 目的  (1-2) 前提条件 (2) デーモン/サービスとは?(CentOS6以前)  (2-1) デーモン/サービスとは?  (2-2) Syst …

  • English (United States)
  • 日本語
Top