Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Eclipse Java JSP/Servlet Tomcat

JSPのコンパイル済ファイルの格納場所(Tomcat単体の場合、Eclipse連携の場合)

投稿日:2021年5月17日 更新日:

<目次>

(1) JSPのコンパイル済ファイルの格納場所(Tomcat単体の場合、Eclipse連携の場合)
 (1-1) Tomcatを単体で使用している場合
 (1-2) Eclipseとアプリケーションサーバ(Tomcat等)を連携して使用する場合

(1) JSPのコンパイル済ファイルの格納場所(Tomcat単体の場合、Eclipse連携の場合)

(1-1) Tomcatを単体で使用している場合

Tomcatを単体でアプリケーションサーバとして利用する場合、デフォルトでは「$CATALINA_HOME」配下の「work」ディレクトリ内にコンパイル済のjsp(.class)とソースコード(.java)が配置されています。

余談ですが、Jspは内部的にはServletに変換されるため「[JSP名]_jsp.java」のようなファイル名になっているはずです。
 
具体的には以下のようなパスなっており、[Webアプリケーション名]の所はご自身で設定した値があれば、それに読み替えます。
 
$CATALINA_HOME
 ∟bin
 ∟conf
 ∟lib
 ∟logs
 ∟temp
 ∟webapps
 ∟work
  ∟Catalina
   ∟[ドメイン名](デフォルト:localhost)
    ∟[Webアプリケーション名](例:ROOT)
     ∟org
      ∟apache
       ∟jsp
        ∟XXXX_jsp.class
        ∟XXXX_jsp.java
 
(例)
/usr/local/src/apache-tomcat-8.5.50/work/Catalina/localhost/ROOT/org/apache/jsp
 
(図111)

目次にもどる

(1-2) Eclipseとアプリケーションサーバ(Tomcat等)を連携して使用する場合

EclipseとTomcatを連携して使用する場合は、上記Tomcat単体の場合とは異なるディレクトリに配置されます。

●確認方法
確認方法はEclipseのServersタブをダブルクリックすると、設定情報のタブが表示されると思います(図121)。その中の「Server path」と記載されたディレクトリを、[EclipseのWorkspaceのディレクトリ]配下から辿った先に格納されています。

例えば、下図の例の場合「Server path=.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/」なので、Eclipse Workspaceのディレクトリ「/home/admin/eclipse-workspace/」と合わせた「/home/admin/eclipse-workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/」配下に格納されています。

(図121)

/tmp0以下のパスはTomcat単体でも出てきた次のようなパスがあるはずです。
work
  ∟Catalina
   ∟[ドメイン名](デフォルト:localhost)
    ∟[Webアプリケーション名](例:ROOT)
     ∟org
      ∟apache
       ∟jsp
        ∟XXXX_jsp.class
        ∟XXXX_jsp.java

(例)

/home/admin/eclipse-workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/work/Catalina/localhost/TestProject/org/apache/jsp/ITxxxx_005fIncludeDifference_jsp.java

/home/admin/eclipse-workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/work/Catalina/localhost/TestProject/org/apache/jsp/ITxxxx_005fIncludeDifference_jsp.class

 

(図122)

 
(※注意点)
ただし、これはServer pathの上のラジオボタンで「Use workspace metadata」を選択している場合の挙動で、もし2個目の「Use Tomcat installation」を選択すると(1-1)で選択したTomcat単体の時と同じパスになります。
 

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Eclipse, Java, JSP/Servlet, Tomcat

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JavaのArrrayListとLinkedListの違いについて

<目次> (1) JavaのArrrayListとLinkedListの違いについて  (1-1) 比較表(ArrayList vs LinkedList)  (1-2) まとめ  (1-3) 参考 …

Javaの選択ソートとは?アルゴリズムの流れ+サンプルプログラムをご紹介

<目次> (1) バイナリ―サーチとは?Javaのサンプルプログラムを用いて解説  (1-1) バイナリ―サーチのアルゴリズム  (1-2) バイナリ―サーチの性能(処理回数)  (1-3) バイナリ …

Javaのthisとは?コンストラクタで引数を与えている場合・メソッド引数に使われる場合もご紹介

<目次> (1) Javaのthisとは?コンストラクタに出現する場合やメソッド引数に使われる場合もご紹介  (1-1) thisとは?  (1-2) 用途1:自分自身を指定【重要】  (1-3) 用 …

Javaの型とは?ジェネリクスの基本や使い方をご紹介

<目次> (1) Javaの型とは?ジェネリクスの基本や使い方をご紹介  (1-1) <T>とは?ジェネリクスとは?  (1-2) ジェネリクスを使う利点  (1-3) ジェネリクスをクラ …

Servlet(サーブレット)におけるフォワード(forward)とリダイレクト(redirect)の違い

<目次> (1) Servlet(サーブレット)におけるフォワード(forward)とリダイレクト(redirect)の違い  (1-1) フォワード(forward)とは?  (1-2) リダイレク …

  • English (United States)
  • 日本語
Top