Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Eclipse Java JSP/Servlet Tomcat

JSPのコンパイル済ファイルの格納場所(Tomcat単体の場合、Eclipse連携の場合)

投稿日:2021年5月17日 更新日:

<目次>

(1) JSPのコンパイル済ファイルの格納場所(Tomcat単体の場合、Eclipse連携の場合)
 (1-1) Tomcatを単体で使用している場合
 (1-2) Eclipseとアプリケーションサーバ(Tomcat等)を連携して使用する場合

(1) JSPのコンパイル済ファイルの格納場所(Tomcat単体の場合、Eclipse連携の場合)

(1-1) Tomcatを単体で使用している場合

Tomcatを単体でアプリケーションサーバとして利用する場合、デフォルトでは「$CATALINA_HOME」配下の「work」ディレクトリ内にコンパイル済のjsp(.class)とソースコード(.java)が配置されています。

余談ですが、Jspは内部的にはServletに変換されるため「[JSP名]_jsp.java」のようなファイル名になっているはずです。
 
具体的には以下のようなパスなっており、[Webアプリケーション名]の所はご自身で設定した値があれば、それに読み替えます。
 
$CATALINA_HOME
 ∟bin
 ∟conf
 ∟lib
 ∟logs
 ∟temp
 ∟webapps
 ∟work
  ∟Catalina
   ∟[ドメイン名](デフォルト:localhost)
    ∟[Webアプリケーション名](例:ROOT)
     ∟org
      ∟apache
       ∟jsp
        ∟XXXX_jsp.class
        ∟XXXX_jsp.java
 
(例)
/usr/local/src/apache-tomcat-8.5.50/work/Catalina/localhost/ROOT/org/apache/jsp
 
(図111)

目次にもどる

(1-2) Eclipseとアプリケーションサーバ(Tomcat等)を連携して使用する場合

EclipseとTomcatを連携して使用する場合は、上記Tomcat単体の場合とは異なるディレクトリに配置されます。

●確認方法
確認方法はEclipseのServersタブをダブルクリックすると、設定情報のタブが表示されると思います(図121)。その中の「Server path」と記載されたディレクトリを、[EclipseのWorkspaceのディレクトリ]配下から辿った先に格納されています。

例えば、下図の例の場合「Server path=.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/」なので、Eclipse Workspaceのディレクトリ「/home/admin/eclipse-workspace/」と合わせた「/home/admin/eclipse-workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/」配下に格納されています。

(図121)

/tmp0以下のパスはTomcat単体でも出てきた次のようなパスがあるはずです。
work
  ∟Catalina
   ∟[ドメイン名](デフォルト:localhost)
    ∟[Webアプリケーション名](例:ROOT)
     ∟org
      ∟apache
       ∟jsp
        ∟XXXX_jsp.class
        ∟XXXX_jsp.java

(例)

/home/admin/eclipse-workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/work/Catalina/localhost/TestProject/org/apache/jsp/ITxxxx_005fIncludeDifference_jsp.java

/home/admin/eclipse-workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/work/Catalina/localhost/TestProject/org/apache/jsp/ITxxxx_005fIncludeDifference_jsp.class

 

(図122)

 
(※注意点)
ただし、これはServer pathの上のラジオボタンで「Use workspace metadata」を選択している場合の挙動で、もし2個目の「Use Tomcat installation」を選択すると(1-1)で選択したTomcat単体の時と同じパスになります。
 

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Eclipse, Java, JSP/Servlet, Tomcat

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Javaでdouble型での誤差を対処する方法について+サンプルプログラムも紹介

(1) Javaでの誤差の対処法  (1-1) 対処が必要なケース  (1-2) 対処の方法   (1-2-1) BigDecimalクラスでの対処   (1-2-2) int型を優先的に使い対処   …

Tomcatのサービスが起動しない場合の想定原因と対処(Linux系OSの例)

<目次> (1) Tomcatのサービスが起動しない場合の想定原因と対処(Linux系OSの例)  (1-1) 発生状況・エラーメッセージ  (1-2) 原因  (1-3) 対処法 (1) Tomca …

Javaのabstractとは?抽象クラスの概要やサンプルPGをご紹介

<目次> (1) Javaのabstractとは?抽象クラスの概要やサンプルPGをご紹介  (1-1) 抽象クラス(abstract)とは  (1-2) 抽象クラスの目的や用途  (1-3) 抽象クラ …

Javaで「XXX has been compiled by a more recent version of the Java Runtime~」エラー(UnsupportedClassVersionError)が出る原因と対処方法について

  <目次> (1) Javaで「XXX has been compiled by a more recent version of the Java Runtime~」エラー(Unsupp …

Twitter APIのRate Limit Exceedエラー(code – 88)の意味について

  <目次> (1) Twitter APIのRate Limit Exceedエラー(code – 88)の意味について  (1-1) APIコールのリミット(Rate Limit)につい …

  • English (United States)
  • 日本語
Top