Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Windows Server

WindowsServerでIISを有効化する手順

投稿日:2021年3月23日 更新日:

<目次>

(1) WindowsServerでIISを有効化する手順
 (1-1) IISとは?
 (1-2) IISの有効化手順

(1) WindowsServerでIISを有効化する手順

(1-1) IISとは?

IISはMicrosoft社が提供するWebサーバで、Windows系OS上で動作します。クライアントからのリクエストに応じてHTMLやファイル等のレスポンスを返却する事ができ、リモートのクライアント端末からのリクエストにも対応する事ができます。

目次にもどる

(1-2) IISの有効化手順

(1-2-1) サーバーマネージャーを開く

「管理者権限」のあるユーザーで、スタートメニューから「サーバーマネージャー」を選択します。

(図121)

目次にもどる

(1-2-2) 役割と機能の追加ウィザードを起動

左メニューの「ダッシュボード」から「②役割と機能の追加」を選択します。このメニューはサーバに機能を新規追加する際に使用します。

(図122)

目次にもどる

(1-2-3) 「開始する前に」画面

「次へ」を押下します。
(図123)

目次にもどる

(1-2-4) 「インストールの種類の選択」画面

今回は「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択します。選択肢の意味合いは下表の通りです。

(表)

■選択肢 ■概要
役割ベースまたは機能ベースのインストール ロールを手動で選択し、そのロールの機能を手動で設定できるカスタムオプションです。
リモートデスクトップ サービスのインストール こちらはWindowsにRDS(Remote Desktop Service)をデプロイするための方法です。この方法では、以下の①~③の部品を全て自動でインストール~設定を行ってくれます。

①RD Connection Broker
②RD Web Access and
③RD Session Host

(図124)

目次にもどる

(1-2-5) 「対象サーバの選択」画面

インストールが実行されるサーバの情報が表示されるので、「次へ」を押下して進めます。

(図126)

目次にもどる

(1-2-6) 「サーバの役割の選択」画面

この画面ではサーバにインストールするコンポーネントを選択します。今回はIISのインストールなので「Web Server (IIS)」を選択します。ちなみに役割(ロール)という表現がされていますが、これは特定のユーザに対して特定の操作を許可するためのプログラム部品群を指しています。

(図125)

選択するとダイアログが出る事があるので、「機能の追加」を押下します。

(図127)

IISにチェックが入った事が確認できたら、「次へ」を押下します。

(図128)

目次にもどる

(1-2-7) 「機能の選択」画面

「.NET Framework」にチェックが入っている事を確認して「次へ」を押下します。

 

環境によってはバージョンが複数選択できる場合もあると思いますが、ご自身のアプリケーションが使用するバージョンに合わせて選択します(「.NET Framework」には下位互換性があるため、基本的には旧バージョンで開発したものも、新バージョンで動くため、余程の事が無い限り新しい方があれば大丈夫なはず)

(図129)

目次にもどる

(1-2-8) 「Webサーバーの役割(IIS)」画面

確認して「次へ」を押下します。

(図130)

目次にもどる

(1-2-9) 「役割サービスの選択」画面

必要に応じてロール(今回はIIS)に付与する「役割サービス」を選択します。「役割サービス」とは、ロールの機能を実現するためのプログラム群の事です。

(図131)

目次にもどる

(1-2-10) インストールオプションの確認

インストールボタンを押下して、インストールを開始します。

(図132)


(図133)


(図134)

目次にもどる

(1-2-11) インストール完了後の起動確認

インストールが完了すると、スタートメニュー等から「inetmgr」を入力する事で起動する事ができます。

(図135)

また「http://[IPアドレス]」や「http://[ホスト名]」のURLでIISのデフォルト画面が表示されるようになっているはずです。
(図136)

目次にもどる

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Windows Server

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WindowsServerでユーザーを追加する方法(WinSV2016を例に紹介)

<目次> (1) WindowsServerでユーザーを追加する方法  (1-1) ユーザー追加の手順  (1-2) 追加したユーザーを管理者にする場合の手順  (1-3) 参考:ローカルユーザーとド …

Windowsバッチでイベントログに出力する方法+オプション説明表・サンプルPGも掲載

<目次> (1) Windowsバッチでイベントログに出力する方法  (1-1) 構文  (1-2) サンプルプログラム  (1-3) 少し応用:ERRORLEVELの値に応じてログ出力 (1) Wi …

Windowsでサービスの起動状態(ステータス)を取得するバッチ

<目次> (1) Windowsでサービスの起動状態(ステータス)を取得するバッチ  (1-1) 構文  (1-2) サンプルプログラム  (1-3) 実行手順  (1-4) 実行手順サンプル動画 ( …

Windowsにおけるプロセスとサービスの概要や両者の違いについて

(0)目次&概説 (1) 記事の目的  (1-1) 目的 (2) プロセスについて  (2-1) プロセスとは?  (2-2) バックグラウンドプロセスとは?  (2-3) コマンドでプロセスを探す方 …

WindowsServerでファイアウォールのポートを許可する手順

<目次> (1) WindowsServerでファイアウォールのポートを許可する手順  (1-1) STEP1:設定画面を開く  (1-2) STEP2:ルールの追加  (1-3) STEP3:ルール …

  • English (United States)
  • 日本語
Top