Rainbow Engine

IT技術を分かりやすく簡潔にまとめることによる学習の効率化、また日常の気付きを記録に残すことを目指します。

Azure Microsoft

AzureでNo hosted parallelism has been purchased or grantedエラーが発生した際の原因と対処

投稿日:2022年7月30日 更新日:

 

<目次>

(1) AzureでNo hosted parallelism has been purchased or grantedエラーが発生した際の原因と対処
 (1-1) 事象
 (1-2) 原因
 (1-3) 対処
 (1-4) 補足

(1) AzureでNo hosted parallelism has been purchased or grantedエラーが発生した際の原因と対処

(1-1) 事象

Azure DevOpsのPipelinesでPipelineを作成・実行した際に下記のエラーが発生しました。

(エラーメッセージ)

No hosted parallelism has been purchased or granted. To request a free parallelism grant, please fill out the following form https://aka.ms/azpipelines-parallelism-request
(図111①)
 
エラーメッセージの詳細を展開↓
(図111②)

(1-2) 原因

Microsoftが一時的に、新規の「Organization」内のPublic&一部Privateのプロジェクトに対して、パラレルジョブの実行を不可としたため。

(1-3) 対処

Microsoftに対してリクエストを送る事で、権限を付与してもらう事が可能です。
(手順)

●①「Azure DevOps Parallelism Request」のページを開く

https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=v4j5cvGGr0GRqy180BHbR63mUWPlq7NEsFZhkyH8jChUMlM3QzdDMFZOMkVBWU5BWFM3SDI2QlRBSC4u

(図131)

●②必要情報を入力して「送信」を押下します。

 
(図132⓪~①)

(補足①)#3のOrganizationについて
Organization名はこちらに記載された名前です↓
(図132②)
 
(補足②)#4のPublic/Privateについて
・まずはOrganization単位でPublic Projectを許可しているか?を確認します↓
(図132③)
・上記がONになっている場合は、各Project単位でも確認します。
(図132④)
 
(補足③)#5の入力について
パブリックプロジェクトで使用するリポジトリのURLを入力?
→DevOpsのRepoのURLなどを入力?
 
(補足④)#6の入力について
Public Projectの場合はチェックを通過したもののみに、パラレル処理の許可が下りる。そのために、ご自身のプロジェクトの概要と「なぜ並列処理が必要なのか?」の理由などを記載します。

●③フォームの受理完了

(図133)
 

(1-4) 補足

●パラレルジョブとは?

・パイプラインはジョブの集合として定義できる。
→つまり、パイプラインを実行する際は複数のジョブを実行できる。
 
・各ジョブは、エージェント上で実行される「パラレルジョブ」の実行枠を消費する
→十分なパラレルジョブ枠が余っていない場合は、ジョブはキューに入り順次実行される
 
・Azure Pipelinesではこのパラレルジョブを、Microsoftのインフラ上(Microsoft Hosted)やご自身の組織のインフラ上(Self Hosted)で実行できます。
 
・Microsoft-hostedの場合は「Microsoft-hosted agents」を使用する
 
・Self-hosted(ご自身の組織のインフラ)の場合は「Self-hosted-agents」をデプロイする
 

●パラレルジョブの価格は?

・Azure DevOpsのプロジェクト作成時(デフォルト状態)にはこの無料枠は付与されておらず、以下のようなプラン体系になっています。
 
・下記の無償枠の範囲で不足する場合は、Azure DevOpsの有料プランを申込みます。
 
(表)PublicとPrivateの無償枠の範囲を比較
  ■Public Project ■Private Project
平行処理可能数 「無料」で「10」パラレルジョブを実行可能 「無料」で「1」ジョブを実行可能
実行可能時間/1回 6時間/回 1時間/回
時間制限 なし 30時間/月

(参考)
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/licensing/concurrent-jobs?view=azure-devops&tabs=ms-hosted

 
(参考)価格
 

Adsense審査用広告コード


Adsense審査用広告コード


-Azure, Microsoft

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Azureの可用性セットとは?概要や設定画面の例も交えてご紹介

  <目次> (1) Azureの可用性セットとは?概要や設定画面の例も交えてご紹介  (1-1) Azureの可用性セットとは?  (1-2) Azureの可用性セットを実現する仕組み ( …

AzureのARMテンプレートをPowerShellからデプロイする手順をご紹介

  <目次> (1) AzureのARMテンプレートをPowerShellからデプロイする手順をご紹介  (1-1) Azure Resouce Managerとは?  (1-2) ARMテ …

Azure Cosmos DBの使い方入門(作成~データ登録~SQL発行)

  <目次> (1) Azure Cosmos DBの使い方入門(作成~データ登録~SQL発行)  (1-0) Azure Cosmos DBとは?  (1-1) STEP1: Cosmos …

no image

Outlookで「代理人アクセス」が表示されない

  <目次> (1) Outlookで「代理人アクセス」が表示されない  (1-1) 事象概要  (1-2) 原因  (1-3) 対策(Gmailの例)  (1-4) 備考:「代理人アクセス …

Azureの可用性ゾーンとは?概要や設定画面の例も交えてご紹介

  <目次> (1) Azureの可用性ゾーンとは?概要や設定画面の例も交えてご紹介  (1-1) Azureの可用性ゾーンが無い場合に起きる問題  (1-2) Azureの可用性ゾーンとは …

  • English (United States)
  • 日本語
Top